Pages

Wednesday, October 12, 2011

占い

世の中にはいろんな占いがあるが、自分はそこまで占いをあてにしていない。
ただ、自分に都合の良いことは信じている (笑) 

実は、学生の頃一度だけ占い?なのか霊感なんちゃら?に行ったことがある。
その人は紙とペンを差し出し、「生年月日、名前、住所を書いてください。」と言って来た。書き終えたとき、その人は紙を頭の上でくるくる回し始めた。なんだこれ!?と思いながらもこれは見てていいものなのか迷ったが、その人の行動に釘付けになっていた。すると紙を頭の右に左に動かし、そして右肩で止まった。「君は右肩悪いから気をつけてね。あと、疲れがたまってるときは右のまぶたが痙攣するから、そのときは休んでね。」と言われた。

おお〜。その通り。というのも、高校生の時右肩を傷めてボールを投げられなくなっていた。試合にでるのもブロック注射を射って強行出場していたくらいだ。この占いに行った当時はガンステッドをやっていたので、サイドポスチャーでの腰部のアジャスト時に右肩が痛み、不安だった。


そこから本題に入っていった。
「今年の3月いっぱいまでレジャー運が良いね。」

「あ、そうなんですか…?」
なんだそりゃと思いながらも、黙って聞いていた。

「君は自分の世界が強いね。芸能人で言うと、タモリとか所ジョージだね。自分だけの世界を持ってる。数字に色が見えたりね。5は青だとか6は赤だとか。」

『いやいや、5は黒で6は緑だし』と心の中で言い返した。あっ、まんまと言い当てられてる…。けど自分の尊敬するタモリの名前が出たときはちょっとうれしかった(笑)

「23歳は『休み』だね。」

「えっ?」

「23歳の年は卯年だから『休み』なの。」

「はぁ〜…。」

休みってなんだ?と当時は思ったが、現在24歳を目前にその意味が少しずつわかってきた気がする。

いろいろ話をされて、?と思うこともあったがおもしろかった。自分が23歳のときは2011年という計算になるが、その人曰く、2011年は日本の年らしく、日本にとって激動の年になるそうだ。良いことも悪いこともいっぱい起きると言っていたっけな。

そんな話を聞いていると、その人が
「2038年までは、いろんな意味で世の中が歪みを直す時期なんだよ。」

「へぇ〜。」

「………。」

えっ!説明なし!?と思ったが、まあいいやという気になった。2時間近く話を聞いてたからだ。人を待たせていたし。それから間もなく鑑定?が終わった。まあ世の中には面白い人がいるもんだと思いながら帰路についた。


今、その2038年が『カイロプラクティックの復活』の年となるように、世の片隅でカイロプラクティックを絶やさぬよう実践して行こう。まだスタート地点にも立ってないけど。そのためにも今は休憩中。じっと時を待とう。

No comments:

Post a Comment