Pages

Friday, January 27, 2012

生きる


なぜ「生きる」のか?

と考えたことがある人もいると思うが、最近至った自分の結論は、『自己表現』だ。「生きる」ことは「表現する」ことで、自分の感じたことを素直に表現することが生きることの意味だ。

そして、人それぞれ個性があり、表現方法も人それぞれだ。ある人は音楽で、ある人は絵で、ある人はファッションで、ある人は写真で、ある人は職人技で、ある人は研究で、ある人は車で、ある人はお笑いで、ある人はオタクで、ある人はカイロプラクティックで…。人によって、最も自分を表現しやすい表現方法は異なる。各分野で名を残す人達は、素直に感じるままに表現しようとした結果、後に多くの人に賞賛されるのだろう。名を残さない人達でも、ごく親しい周囲の人達の中で表現をやめないでいる。つまり、自分が他人にとって大きな存在になるかならないかは関係なく、自己を感じるがままに表現することが生きるということだ。

生きることに希望を失った人、その人は自己表現の方法がわからずに自分という人間を表現できていない。

自己を表現すること、更に言えば、感じるままに素直に表現すること。その表現が正しいか、間違いかは全く考える必要は無い。我々カイロプラクターは、来られた方の表現を妨げるものを取り除くきっかけを与えることだ。そして、その人の自己を最大限に表現してもらい、『生きる』のだ。




"To me, OK, to me, ultimately, martial arts means honestly expressing yourself. 
Now, it is very difficult to do. I mean, It is easy for me to put on a show and be cocky, and be flooded with a cocky feeling and feel like pretty cool and all that. I can make all kinds of phoney things. Blinded by it. Or I can show some really fancy movement. But to express oneself honestly, not lying to oneself, and to express myself honestly, now that's very hard to do."
by Bruce Lee

No comments:

Post a Comment