Pages

Thursday, March 8, 2012

東京弾丸ツアー! 2日目

初日に解散した後、人生初のカプセルホテルへ。
もともと、新橋で集まったので特に前もって宿を決めず、適当に探そうと思っていた。そう言えばネットカフェに泊まったことはあるけどカプセルホテルに泊まったことはないなと思い、社会勉強を兼ねて新橋のカプセルホテルへ!

これが狭いのなんの!写真を撮ろうと思ったけど、さすがに他に宿泊してる人がいるからやめた(笑)なんだこれ?どうやって中に入るんだ!?とあれこれやってなんとか入った。最初は圧迫感があったが、これがまた意外と快適。多分、閉所恐怖症の人は無理だな。中はテレビも見られるしラジオも聞ける。アラーム機能もついていた。シャワー室も奇麗だしシャンプーリンス、ボディソープも付いていた。
予想外にカプセルホテルを楽しんだあと、明日も早いことや移動疲れなどもあり、シャワーを浴びてすぐに寝た。


そして、2日目は"Living Legend"と言われるあの三宅誠先生のオフィス見学に。天気はあいにくの雨。けど、自分にとって何か重要なことが起こる時は必ずと言って良いほど、雨だ。

林先生の提案で、関口先生も一緒に見学させて頂くということだったが、残念ながら関口先生が来られなくなってしまった。林先生と一緒にオフィスに向かい、到着。写真を撮ろうと思ったが、雨でびしょぬれになってしまうほど雨風が強かったため、やめた。中に入り、ごあいさつを済ませ話を聞いていたら、林先生の説明通り、三宅先生は柔らかい空気をだしながら、真理をついたことを言う。人間の表面的なところは目にも心にも触れず、その奥にあるものを常に見ているような方だった。しかも三宅先生はクライアントさんの顔や声、職業なんかもあんまり覚えてないが、背中を見ればどんな人だったか思い出すらしい。だから、自分は初めてお会いして6,7時間程同じ空間にいたが、次会ったら覚えていないだろうと林先生が言っていた(笑)

その日は急に予約が入ったそうで、岐阜県から3人の方と、予約も連絡もせずに親子が「先生〜、ちょっとみてくださ〜い」と言って急に入って来た。流れるように次々とクライアントさんをチェックしていき、アジャストメントの必要があったので、アジャストメントをしてレスト。急に入って来られた親子のチェックをしたときはアジャストメントの必要がなかったため、「枕の高さをちゃんと注意して寝る!」っと言って帰した。アジャストメントが必要であれば実践し、必要がない場合は何もしないということはカイロプラクターとして大前提だが、方角や家の作りやアースをとるなどの徹底した環境整備に感動した。自分としたら、ここまで忠実にカイロプラクティックを実践して来られた方が日本にいたんだという驚きと安心感を感じた。まあ、なにより三宅先生の人柄が好きだ。自分にとっては"Living Legend"という表現よりも、真の“カイロプラクター”以外の何者でもないと思った。まさに自然体。背伸びすることもなく、謙ることもない。意図的な部分が全くもってやらしくないし、むしろ意図的だと感じない。せかせかと忙しく、人工物に溢れる東京でこんな人が形成されるなんて思っても見なかった。まるで、“自分”よりも“カイロプラクティック”を後世に残したDr. Lyle Shermanのような方だと思った。(余談だが、自分が甲子園予選の最中のときに中学時代の野球の監督から送られた言葉を思い出した。「俺が俺がの『我』を抑え、おかげおかげの『下』で暮らせ」)

しかも、三宅先生の話を聞いていると、自分の考えと同期することが多くて、自分がやろうとしてることは間違っていないんだと更に確信を深めることができた。三宅先生は、「自分が疑問に思ったことや、やって来たことを本にしていないから、そこがBJとの違いかな」とおっしゃっていた。後世に道しるべを残すこと、更に言えば我々カイロプラクターがもっと勉強し、それを実践し続けること、やることをやってあとは自然の流れに身を委ねるというスタンスで臨む三宅先生はまさにカイロプラクターだ。
改めて、林先生のお陰です。このような機会を作って頂き、本当にありがとうございました。また伺いましょう!


本当に時間が早く過ぎ、前々から約束していた新橋外来へ。先日も会ったが、あまり話せなかった内田先生にチェックしてもらった。チェックしていくと、どうやらアジャストメントの必要があったのでアジャストメントを受けることに。レストをしている間にいろいろとこれまでのことや、これからのことを聞いた。着実に一歩一歩進んでいるのが楽しそうでしかたなかった。これまで、数々の壁を超えてきた内田先生ならこれから迎える壁もきっと超えていくだろうと思える時間を過ごした。

そしてそして、三鷹にいた頃の知り合いとご飯を食べるために久々の三鷹へ。相変わらず、いいところだった。12時ころまでいろいろと話を聞いて、再びのカプセルホテルへ(笑)三鷹のカプセルホテルはちょっと古かったな。けど、特に不快感もなく次の日に備え、就寝することに。


色々ありすぎた1日で、まだ書ききれないこともあるが、、
3日目につづく…

2 comments:

  1. メールでもお伝えしましたが、やっぱりヒトのblogに連チャンで名前が載るのって…小っ恥ずかしいですねf^^;
    でも有難うございますm(_ _)m

    是非また夏前に遊びに来て下さい♫

    ReplyDelete
    Replies
    1. こちらこそ、ありがとうございます!
      また、行った時はよろしくお願いします!

      Delete