Pages

Friday, March 9, 2012

東京弾丸ツアー! 3日目

3日目となる最終日は、昼の飛行機で宮崎に帰ることになっていたので、早起きして谷村先生のいらっしゃる横浜へ!実は渡しそびれたものがあったため、先生を呼び出してしまった。

17,8年前に、一度家族旅行で横浜に行ったことがあるが、中華街に行って所ジョージの店をみたり、お昼に中華を食べたことしか覚えてないため、ほぼ初の横浜。めちゃくちゃ都会!そりゃ〜東京の次に人口が多い神奈川の中心。宮崎にも一カ所はこんな所があってもいいのにな…っと思ったが、まあ必要以上を求めないのが宮崎らしくてやっぱり良いかな。

駅前で待っていると、谷村先生が登場。早速駅の地下街へ行って、腰を下ろした。谷村先生はカイロジャーナルを手にして何か言いたげだったが、傍らに置いて話をしてくれた。谷村先生は本当に優しい空気を醸し出す。何かと自分のことを気にかけてくれて、失礼かもしれなが、いとこのお兄ちゃんって感じだ。しかも、惜しげも無くいろいろ教えてくれて、本当に頼れる先輩だ。

話の流れで、自分らしさを持つことの大切さに触れ、"Style"について教えてくれた。詳しくは存じ上げないが、嶋田先生とStyle Masterのセミナーに参加したそうだ。そこでは、自分じゃないキャラを無理に作って魅せるのではなく、自分のすでにある一部を取り上げて、それをどう魅せるかが重要だという感じだと思う。(人づての話なので伝言ゲームみたいに誤解があるかもしれないが…)魅せるというのは、意図的であり、表現・発現するというのは潜在的だ。ってことは、魅せよう魅せようと思うと相手は魅せられない。意識せずに表現・発現した結果、相手が魅せられるのではないだろうか?わざわざ自ら魅せようとする必要はあるのか?今の世の中の大多数は完全に発信する側が主導権を握り、受信側はそれに振り回されているのが実状だ。でも、意図したことがうまく行くこともあるし。意識的な表現を何度も繰り返すことで無意識的になり、真の表現・発現になるか。。。う〜ん、考えるのはよそう。とにかく、今信じることを突き詰めることが重要だ。そうすれば、それがその人の"Style"になるのだろう。「自然体」だな。

っとまあ、時間は短かったが充実した時間を過ごすことができた。谷村先生、ありがとうございました。宮崎でお待ちしてます!
そして羽田に向かい実家に帰ることに。やっぱり宮崎、ちょっとだけ暖かい(笑)


今回の東京弾丸ツアーは、自分のストレートカイロプラクター元年にふさわしいスタートになったのではないだろうか。ひとまず、これにて東京弾丸ツアーシリーズは終了!

1 comment:

  1. 今度会えるのは宮崎かな。次回はもっとゆっくりゆったりと飯でも食いましょう。

    ReplyDelete