Pages

Monday, May 28, 2012

震災がれき

未だに震災がれきの受け入れ云々で揉めているみたいだが、俺には揉める意味がわからない。「目先の利益」とはまさにこの事じゃないだろうか。微量でも放射線が検出されると心配だとか、子供のためになど良い言い訳を利用して、実は自分の事、自分の利益のことしか考えていない。子供のためを思うなら、協力する姿を見せるべきだろ。「被災地の為に!」と言いながら自分に都合の悪いことはしないのか?(もちろん、本気で行動している人もいるだろうが)

自分が小学生くらいのときには「ダイオキシン」が大流行したが、今度は「放射線」が大人気。みんな挙って放射線量を測定して高いだ、低いだで大騒ぎだ。過去に恐れられていたものに関しては、ある程度国による規制ができて心配するに及ばない数値になったかもしれないが、心配いらないという情報のお陰で熱さが喉元を過ぎたのだろう、どこかで大量にダイオキシンを排出しているかもしれないのに全く気にならないみたいだ。いずれ“放射線ブーム”もこのように風化していくんだろう。

そもそも震災がれき受け入れを拒否する人の中で、公共の場や子供がいる前でタバコを吸ったり、車の排気ガスが充満するような場所に行ったり、誰も見ていないのを良い事に焚き火をしていろんなものを燃やしたり、気付かずとも農薬たっぷりの野菜を食べたり、旅行で飛行機にしょっちゅう乗ったり、健康チェックの為にとレントゲンをいっぱい撮っている人は、拒否できないだろう。この世の中に絶対的に身体に良いものなんて何ひとつないからだ。もし、微量の放射線でも身体に悪影響があると思うのであればこの自然環境では生活できない。我々“いきもの”はそんな世界に生き、生かされているということを知るべきだ。(これは健康に影響を及ぼす絶対値を議論しているのではなく、体に悪いという漠然とした判断基準による見地への問題提起である)


今回の震災がれきに関しては、放射線量が高かろうが、低かろうが日本国民みんなの問題で、みんなで処理すべきだ。東電だけが悪いわけじゃない。東電に電気をつくってもらってる自分達にも責任はあるはずだ。日本には海岸沿いに原発があり、しかも地震国だ。日本中どこでも今回の震災のような状況になりかねないのに、自分さえ良ければなんて考えないでほしい。自分ひとりで生きているのではないんだから。生かし、生かされ、生きていくのが自然の摂理だろう。


しっかりしろよ!宮崎県!口蹄疫のときに助けてもらったじゃねえか!




No comments:

Post a Comment