Pages

Friday, July 27, 2012

Museum

今日はSherman Collegeの古い資料が展示されてるMuseumに、John Hart D.C.の案内で見に行って来た!

前々から地図を見て気になってた、Sherman Collegeの南側の森の中にある家のような建物、実はこれがMuseumだった!ここの1階がMuseumで、2階は住居となっていて人が住んでいる。誰が住んでいるかは説明されたが忘れてしまった。とにかくShermanと縁のある人だった。

この看板が目印

小川が流れてる(もちろん天然)


おとぎ話の世界だ

入口

貴重なお宝がずらり
広さとしては大して広くないが、かなりの年代物や貴重な資料が所狭しと並んである。1対1のJohn Hartの説明付きで1時間強いろいろ説明してもらった。う〜ん、贅沢(笑)所々お得意?のジョークが入るのだが、日本人には分かりづらい表現が多く、John Hartには悪いがあまり笑えなかった(笑)

John Hartも自分みたいな人間がいることに嬉しかったのか、どんどんノって来て色々と話が聞けた。ニーチェスト、サイドポスチャーについてどう思うか、BJはグリーンブックの○○で××と言っていたがどう思うか、Sherman Collegeが“Straight”の単語を取ったことに対してどう思うか等々、質問を投げかけると資料を取り出し見せてくれたり、John Hart個人の考えなどを説明してくれた。気付いたら1時間が過ぎており、John Hartはミーティングがあるからもう帰らなければいけない時間に。この場所は数時間はおろか、数日あっても見きれないほど貴重な資料がたくさんあった。しかもただ展示してるだけではなく、手に取って見られるというのも素晴らしい!写真もたくさん撮ったが、ここでの公開はやめておく。今度行くときはじっくり見たいもんだ。


Museumとは関係ないのだが、面白い絵を見つけたので紹介したい。


3 comments:

  1. BJスペシャルが微かに写ってますね!
    私も見たことがないテーブルが何台か・・・
    素晴らしい!

    ReplyDelete
  2. ニューロテンポメーターまである・・・
    よく見ると小物関係もすごいですね。
    是非、行ってみたいです。

    ReplyDelete
    Replies
    1. さすが、小さい写真を隅々まで見てますね!
      規模はパーマーと比べ物にならないと思いますが、現物を触れられるってところがミソですね!(本当に触れていいのかはわかりませんが…)
      是非、一度は来てほしい場所です。

      Delete