Pages

Wednesday, August 29, 2012

う〜ん…

自分は聴講生なので受けたい授業だけ受けられるし、テストを受けてもGPAに影響しないので他の学生とは置かれている環境が全く違うと言っても過言ではない。

自分が聴講する科目は、カイロプラクティックの“コア”、核となるカイロプラクティック哲学、パターン分析、ターグルI, II、パルペーションIII、カイロプラクティックの歴史、そして上部頸椎テクニックで、これらはカイロプラクターになるために必要な科目だ。そんな中、学生達はその他の基礎科学、基礎医学の勉強も同時に進めていかなければならない。

ここで問題が発生する。カイロプラクティックの勉強よりも、基礎科学、基礎医学の勉強の方が忙しくて、カイロプラクティックの独自科目の優先順位が低くなってしまうのだ。今日もそれを実感した。今日、1stクオーターの学生達はテストがあり、そのテストは2時からだった。自分はいつも講義のない時間は図書館に行ってカイロプラクティックの本を読むか、空いてる部屋でターグルの練習をしているのだが、ターグルの講義がもう始まるというのに、1stクオーターの学生が続々と図書館に入ってくる。自分はターグルの講義を受ける為に図書館を出たのだが、教室に入ってびっくり。約10人くらいだろうか、テスト勉強の為にターグルの講義を休んでテスト勉強をしているらしい。いつもと様子が違う事に気付いたJohn Porterは、「あれっ?今日は大事なテストでもあるの?」なんて言う始末。John Porterとしては、学生が少ない日は何か大事なテストがある時だとわかっているらしい。

これはターグルに限った話ではない。パターン分析の講義の時も、学生達は休憩気分。大事なテストがある時は講義を休んで勉強する学生がいる。パターン分析の講義は前半教室で講義をして、後半はヘルスセンターで実践なのだが、前半の講義を聞いて後半から姿を消す学生がチラホラといる。

今日、カイロプラクティック哲学の講義もそうだった。学生が「今日解剖のテストがあるんです〜(講義を早く終わらせてください)」というと、Deckenはちょっとした資料を配り、講義は10分足らずで終了。学生達は大喜び。う〜ん…、どうなんだろう。先生達は「まあ生き残るためにはしょうがない」という感覚らしいが、カイロプラクティックを教えている唯一の大学としてはこう成らざるを得ないのか…。


明らかにカイロプラクティック教育に無理があると思うのは自分だけだろうか?CCEが全てのカイロプラクティック教育。Perry Rushが辞めたのも納得できる。これからShermanもどうなることやら。先は全く見えないが、カイロプラクターと名乗る者がカイロプラクティックを実践するしか他に方法はない。


どう見えてますか?

2 comments:

  1. 懐かしいね~

    そんなことも多々あったな。

    ReplyDelete
    Replies
    1. 昨日、全クオーターの次学期のスケジュールがメールで送られて来たのを見てみたら、無理もないなと言う感じですね。どこかでバランスをとらないと、頭がどうかなりそうなスケジュールでした。

      Delete