Pages

Sunday, October 28, 2012

Thomas Gelardi D.C. 2

先日、前もって約束していたDr. Gelardi宅へお邪魔してきた。お宅への訪問が決まったのも、そろそろ電話しようかな〜と思って携帯電話を手に取り通話ボタンを押そうとしたその時に逆に電話がかかって来たので本当にびっくりした。

10時半頃にお宅に到着。そこでThom & Betty Gelardi D.C.が暖かく迎えてくれた。コーヒーとBettyお手製のドーナツを頂きながらしばらく談笑。たまに知人やクライアントさんをチェックする部屋を案内して頂き、BJ specialのオリジナルとご対面。完全なオリジナルではないが、いろいろと経験してきたであろう古びたBJ specialと御年78歳のThomとの2ショットは感慨深く、その雰囲気たるや半端じゃなかった。案内が一通り終わり、Thomが計画してくれたノースカロライナのChimny Rockへ行く事に。Bettyはお留守番でThomと自分でChimny Rockへと向かった。

車中、99%がカイロプラクティックの話。そして目的地のChimny Rockの手前にある池のほとりのレストランでイタリアンをごちそうに。食事中も99%がカイロプラクティックの話。目的地のChimny Rockに到着し、まずは滝まで約1.6マイル程歩くことに。石がゴロゴロしてて歩き難い道で股関節の悪いThomにはちょっと辛かっただろうな。ようやく滝に到着。結構歩いた割に滝がしょぼかったので、Thomが「これだけ?!」と言っていたのには笑った(笑)しばらく涼んで次の目的地のChimny Rockの頂上へ向かうことに。さすがに78歳のThomにはきつかったのだろう、最後の方は黙々と歩いていた。



 そして頂上に行くには幸いエレベーターがあるので楽々と頂上へ。

さすがにお疲れ模様だったので、あの国旗のたなびく先端までは行かずにその手前で景色を望みながらアイスクリームを食べて一休み。というか、Thomは高いところが苦手らしい。そしてここでも99%がカイロプラクティックの話。世界広しと云えどもこのChimny Rockでカイロプラクティックの話をしたことがある人はなかなかいないだろう(笑)


しばらくゆっくりしてから、もう良い時間なので帰ることに。そして帰りの車中も全く飽きる事なく二人ともカイロプラクティックの話を延々としていた。ああ〜楽しかったと思いながらThom宅へ着くと、食卓にお皿が3枚並べられてあり「誰か来るんですか?」と尋ねたらBettyに「あなたのぶんよ!」と言われまたびっくり!まさかディナーまでごちそうになるとは……

なんと有り難いことだらけ。。。何から何までお世話になり、ディナー後のリビングでも誰一人として飽きる事無くカイロプラクティックの話。


ああああ〜〜〜〜、幸せ(笑)
結局ほぼ12時間一緒に同じ時を過ごし、図々しくも「来れるものなら毎日でも来たいです!」とお伝えし、さすがに帰宅することに。


Sherman Collegeは彼自身だということに気付いた一日だった。


4 comments:

  1. 流石Sherman College初代学長!!老いて尚熱いようですね~

    自分も御逢いするのが楽しみでなりません!

    ていうかThomがOLIMPUSのカメラ使ってるのが嬉しくなりましたね(笑)

    ReplyDelete
    Replies
    1. Sherman"ism"の源はThomにありました。
      是非、訪ねてみてください!

      しかも、彼の家のおそらく60インチくらい?のでっかいテレビはMitsubishiです(笑)

      Delete
    2. 察するに日本食だけじゃなくて、日本の製品とか和の心(MADE IN JAPAN)が好きなんじゃない?

      Delete
    3. でしょうね。ガンジーや東洋思想に詳しいですし。

      あと、日本の魂「いただだきます」と「ごちそうさまでした」を教えておきました。

      Delete