Pages

Friday, November 23, 2012

Eagles

先日、またまたThom宅へ伺った。というのも、前回触れたように唯一の同志であるGregが訪問を熱望していたので、講義の次の日には電話をして訪問が決まった!

当初の予定では日曜日に会う予定だったので、前日に学校から近いPandaという中華料理屋でGregと前夜祭!Gregは翌日にThom宅に訪問することが未だ信じられず、終止興奮しっぱなしだった(笑)「どうしよう、興奮して今夜眠れないよ〜」と言いながらカイロプラクティックの話、グリーンブックの話で楽しい時間はあっという間に過ぎていった。

そして次の日、時間の確認のためにThomに電話をしたら、どうも都合が悪く次の日なら大丈夫ということになり、月曜の夕方4時から5時の1時間伺う事になった。Thomは1時間しかないので「また別の日に来る?」と言われたが、1時間でも行かないよりはマシだと思い、Gregの為にも無理に伺うことにした。


当日、朝からGregは「昨日は全然眠れなかったよ〜」と言いながら目がギラギラしていた(笑)そして時間になり、自分の運転で向かう途中もGregは興奮が隠せない様子。Bookstoreで買った上部頸椎の模型を握り締めながら、あれを聞いてみたいこれを聞いてみたいと予行練習をしていた(笑)到着してから、中に入り、Thomが「日本のGreen Teaがあるけど、飲む?」と言ったので自分が代わりにお茶を入れてあげることに。その間Gregが準備していた質問をThomに聞いていたが、自分はお茶入れに集中。よし、なかなか良い感じにお茶が入ったと思い、二人に飲んでもらったら話に夢中になりながらも「お茶おいしいね〜」と何度も言ってくれた。アメリカに来る前に毎日お茶を入れて飲んでいたので、まさかこんなところで役に立つとは思ってもみなかった(笑)

自分とGregの二人の時はGregが9割くらい喋るのだが、さすがに緊張していたのだろう、あんなに黙っているGregを見たのは初めてだった(笑)楽しい時間は本当にあっという間に過ぎ去り、気付いたら7時!!予定を大幅に過ぎ、結局3時間も居座ってしまった!!


そして帰る間際「ちょっと待ってTaka、お茶どうやって入れたの?」とThomに聞かれたので、少しお茶入れのレクチャーをした(笑)しかも、茶葉まで頂いた!ラッキー!帰り際にThomに「カイロプラクティックに興味を持ってくれてありがとう。君たちはPigeonsではなくEaglesだ!」と嬉しいお言葉を頂いた。


http://art61.photozou.jp/pub/804/2191804/photo/113279771_org.v1323860275.jpg
そうEagleは群れない、鳥界のKingだ!


帰路の最中もGregの興奮は冷めるどころか、どんどん増幅していき、「皆にTextしなきゃ!!」とMitziやDelta Sigma ChiのメンバーなどにTextをして、口は自分と会話、手は携帯へとよく器用な事が出来るもんだ(笑)これだけ喜んでもらえれば、こっちが嬉しくなるし、何よりもこんな貴重な時間を同志と共に過ごせることに幸せを感じる。「今度は俺が電話してセッティングするよ!」と言っていたので、次が楽しみだ!


いや〜しかし、Thom & Betty Gelardi DCsは本当に大きな方々だ。


No comments:

Post a Comment