Pages

Tuesday, April 9, 2013

余裕

大抵、何かを実行、実践する場合、「集中しろ」と言われる。

集中とは、外部、またはやろうとしている事以外を全て排除して、それだけを実行する事を言うのだと思うが、注意を一点に絞ったら危険なことがよくある。

全く自慢にならないが、自分はなかなかの集中力の持ち主だ(笑)
そう、これと決めたらそれ以外が全く眼に入らなくなってしまう。

これが運転だったら危険極まりない。特に運転なんていうのは、周りとの阿吽の呼吸で成り立っている。ただ単に目的地に行く事しか注意が及んでいなければ、スピード超過、信号無視、歩行者、道路上の危険物………必ず途中で事故って目的地にすら到着できなくなって本末転倒だ。


そこで最近、特に気をつけてるのが“余裕”だ。“遊び”といってもいいかも。

今までは早く目的地に到着することしか頭になかった、というかそれしか考えられなかった。最近は「そんなに焦ってどうすんだ?」と、もう一人の自分が忠告してくれる。


運転中に大きな桜の木を見つけることができるかもしれない、菜の花が綺麗に咲いてるかもしれない、猫が道ばたの木陰で気持ち良さそうに休んでるかもしれない。けど、その間しっかりと前に進んでいる。進みながらも眼をくまなく配り、状況を楽しみながら、また進む。

子供の頃なんか、一直線に家に帰る子は少なかったはず。よく友達と石を蹴りながら、道端に生っているみかんを取って食べながら、ちょっと入り組んだとこにある仲間だけの秘密基地で、拾って来たものを披露しながら……


大人になると、効率主義になっちゃって、子供の時の感覚を忘れるんだろうな。

もっと余裕を持たなきゃ、世の中退屈だ!


まあ、適度にゆっくり行きましょうよ


2 comments:

  1. 同感ですね。
    "その瞬間"だからこそ得られるものがとても多いと感じます。
    盲目的に突っ走り、それらを見過ごすのはあまりに勿体無い!

    ReplyDelete
    Replies
    1. やっぱり瞬間瞬間を楽しまなきゃ!
      と、最近特に自分に言い聞かせてます 笑

      Delete