Pages

Friday, May 3, 2013

老化

自分のゴールデンウィークは28日から2日だった。

その間、祖父母や親戚と同じ時を過ごしたが、一番感じた事は「みんな年取ったな〜」ということだった。


29日は父の実家である金龍寺の庫裏の新築祝いで、70人弱くらいかな?親戚一同が集まった。叔父や叔母、かなり久しぶりに会った遠い親戚など、皆一様に年を取っていた。親戚の子供達もどんどん大きくなり、もはや誰が誰か…。





30日から2日までは祖父母と共に過ごしたが、年齢にしたらかなり若々しいが、それでも随所に老化はみられた。




けど老化って一体なんなのだろう?
一般的には老化はあたかも悪いことのように取りざたされているが、本当にそうなのか?

そもそも老化って存在してるのか?
老化と呼ばれるものは、生命の辿る道であって、それに勝手に名前が付いただけ。だから良いも悪いもない。自然現象の一部だ。


老化によって、若い頃のことが羨ましくなりがちなんだろう。よく「昔はああだった、こうだった」と耳にタコが出来るほど言っている。体も硬くなるが、頭も固くなるみたいだ。



自分もそうなるんだろうな。死ぬまで柔らかくいたいけど、自然の流れに身を任せるより他に生命を全うさせる術はないんだろう。


う〜ん、いろいろ考えさせられた5日間だった。



No comments:

Post a Comment