Pages

Thursday, May 30, 2013

カイロプラクティックを愛する者として

日本には無数のカイロプラクターがカイロプラクティックを生業としている。

もちろん、その“カイロプラクター”達の中には、カイロプラクティックを一治療法として行っている人、カイロプラクティックを新たな医療として確立しようとしてる人、カイロプラクティックを心底愛して常に追求し、啓蒙している人など、様々な人が“カイロプラクター”とひとことで括られる。




その“カイロプラクター”達の中には、海外のカイロプラクティック大学を卒業した所謂、D.C.(Doctor of Chiropractic:カイロプラクティックの学位を持つ人)と、non-D.C.(カイロプラクティックの学位を持ってない人)に別けられる。



D.C.とnon-D.C.、正直、その区別はカイロプラクティックを愛する上で全く以て無意味だ。

D.C.だと偉い?賢い?正しい?カイロプラクティックのプロ?
non-D.C.だと偉くない?賢くない?正しくない?カイロプラクティックのプロじゃない?






それは違う。






肩書きに振り回されないで。
産まれて来た時は、みんな素っ裸だ。



学位の議論。
やりたい人はやってください。






カイロプラクティックを愛する者として。



No comments:

Post a Comment