Pages

Saturday, August 31, 2013

共生?

自然環境に注目が集まるようになってから、「自然を守ろう」、「地球を救おう」、「自然と共生しよう」といった謳い文句が横行しだした。



けど、その謳い文句はどうも意地汚い、卑しい印象を抱くのは自分だけだろうか…?


あたかも自分たちは何かを守るヒーロー、ヒロインになるんだ!自分達は正義の味方だ!という風に自分たちを“美化、正当化”しているに過ぎない。






自然は人間なんかに生かしてもらおうなんて考えてないし、地球は救って欲しいなんて考えてない。ましてや人間と共に生きましょうと考えているわけがない。地球は泣かないし、笑わない。

人間の都合で森林伐採、環境破壊が起こっても、自然は、地球は何も思わないし、言わないし、痛くも痒くもない。



たまにテレビで自然災害を取り上げて、「これは自然からの警告かもしれない…」とか言っているのを聴いたとき、ちゃんちゃらおかしくて笑えない。


自然は、地球は怒らないし、人間に対して警告なんか発しない。



それはあくまでも、当然の結果でしかない。
木を切りゃ土がむき出しになり雨が降ると水を蓄えきれなくて地滑りを起こす。
温室効果ガスを排出し、木を切れば気温は上がる。氷は解ける。海面は上昇する。大雨は降る。

極々、当然の結果が起こるだけで、それは人間に対する報復でも警告でもなんでもない。



地球は人間が生きようが絶滅しようが関係ない。温暖化しようが氷河期になろうが関係ない。ただ命あるものとして、命を爆発させているだけでしかない。







「自然を守ろう」、「地球を救おう」、「自然と共生しよう」という類いの謳い文句の裏には『人間が生きながらえる』という一番の目的が隠されている。のに、表に出さない。なんと卑しい。




しかも、あたかも自然は自分たち人間が管理してあげないとダメだというような自然に対する軽薄な上から目線。

仕舞いには、「自然と手を取り合って共に生きよう」なんてなんとも甘い。
藁一本すらつくることができないくせに…



自然、地球に人道主義を適用してしまうことに問題がある。




僕ら人間は、何も救えない事に気がつかなければいけない。
僕ら人間は、自然なんか守れないことに気がつかなければいけない。
僕ら人間は、人間が生きながらえるには何が必要か気がつかなければいけない。
僕ら人間は、互いを殺し合いながら生きていることに気がつかなければいけない。
僕ら人間は、地球は命はあるが人間ではないということに気がつかなければいけない。
僕ら人間は、自然と真正面からぶつかって生きていることに気がつかなければいけない。
僕ら人間は、自然と命を懸けた熾烈な闘いをしていることに気がつかなければいけない。
僕ら人間は、自然から学ぶべきことがたくさんあることに気がつかなければいけない。





環境保護活動をするなら、「人間が生きながらえるために」という言葉を付け加えよう。



No comments:

Post a Comment