Pages

Wednesday, October 23, 2013

JBJセミナー in 長崎

10月21日、長崎市のアトラス・ストレートカイロプラクティックにて、JBJこと藤渕啓介先生のセミナーが開催された!!



セミナー内容は、

「側臥位横突起接触法による頭蓋骨と頸椎の典型的パターンと非典型的パターンの考査」




それを学ぶ為にこの日長崎市に、東京、神奈川、愛知、福岡、長崎そして宮崎と全国各地から集まった!!




セミナー内容もアツかったが、一番アツかった時間は休憩時間!笑



休憩の時間になっても、誰も席を立たずに藤渕先生に質問をしたり、セミナー内容とは違った質問などで皆の眼がキラキラしていた!笑




セミナー内容の実践例として何人かが藤渕先生に分析してもらい、アジャストアプローチを受けた先生方のうちひとりの先生が休憩中に質問をされ、話の流れは天然自然の理へ。





カイロプラクティックの “核” である天然自然の理。

カイロプラクティックは天然自然の理に基づく哲学、科学、芸術なので、天然自然の理を抜きにカイロプラクティックを語れない。


そこで藤渕先生が強調していたのが「目的」と「手段」。






カイロプラクティック業界内の人と話すと必ず出てくる話として、「テクニック」がある。



「先生はなんのテクニックを使うんですか?」
「先生は上部頸椎カイロプラクターですか?」などなど……




正直、そのような話が出会って間もないときに出るようであれば、「目的」がおざなりになっている可能性が高い。



テクニックとはあくまでも「目的」をはたすための「手段」でしかない。


こだわるべきところは、「手段」ではなくて「目的」。





Dr. Shermanが生涯ずっと強調しつづけてきたのは「手段」ではなく「目的」だった。



BJリサーチクリニックで責任者を勤めたDr. Shermanは、自らの手で無数の素晴らしい結果を残して来たが、「テクニック」が取りざたされることはカイロプラクティック本来の「目的」ではないのを危惧したのだろう。






もちろん、今回のセミナー内容から学んだことも早速取り入れて実践している。

ひとつの「目的」のもとに行動すれば、もっともっと大きく輝く世界が待っている!!!



カイロプラクティックには、夢がある!



これからもっとアツくなりました!

熱血指導!

我らがブッチー大先生!(笑)

Japanese BJ!!


今回場所を提供してくださいました森先生をはじめ、多くの先生方のご協力のもとに、このような素晴らしい学びの場を提供して頂きまして、ありがとうございました。

No comments:

Post a Comment