Pages

Saturday, December 21, 2013

メッカ高松 Ⅱ

愉しくもアツく充実した時間はあっという間に過ぎるもので、気付けば高松訪問3日目を迎えた。


この日は、先日の哲人&虎に加えて、来夏にSherman Collegeに入学予定のチャーミングでパワフルな小林絹さん、神戸からは藤渕スクールに入るためにオーストラリア永住権を蹴って帰国された門下生の常川さん、そして僕をアッシーとして手なずける嶋田先生の総勢8名の “変人達” がメッカ高松に集結した!!(笑)


常川さんは後ほど合流♪

ここでなぜか僕の“ファッション”のダメ出し&改造計画が実行され、、、



こんななりました(笑)


そんなこんなで、こんなに“変人”が集まればその場は一瞬にしてアツくなり、まさに「異次元」の時空へ。


ぱっと部屋に入り、皆の顔を見ると眼がギラギラしている!

なんだこの異様な空気は?と感じたのも束の間、褌姿の哲人が眼をギラつかせて仁王立ち!


嶋田先生にアジャストメントアプローチを受けて、生命に満ち溢れていた!


こんなにも人間の生命が表現されるアジャストメントアプローチ。あくまでも結果的にその人本来の在るべき姿になっているだけだが、こんなにも顕在界に顕われるアプローチの“スゴミ”を改めて見せつけられた。



次に琵琶湖の虎、野村先生も、そして嶋田先生、常川さんと、あの場にいた皆がアジャストメントアプローチを受けて、何とも言えない空間になった。


正直、自分が常川さんをアプローチした前に哲人が素晴らしいARTを見せてくれたので、それを見ていて自分の奥底から湧き出て来るものを感じた。

それを察してか、常川さんへのアプローチを提案してきた嶋田先生。

11月のシャーマンスタイルセミナーでは不十分な表現になってしまったので、同じ様な姿は絶対に見せられないと思い、提案された時はよしっ!!と奮い立った。




結果的には前回より良い表現ができた!常川さん、ありがとうございます!!

しかし、まだまだ改善点があるなと自分でも感じたし、この悔しさを次に活かしたいと思った。






そんなこんなで、夜は都会な高松の街へ!

高松の都会ぶりに圧倒されながらも、お洒落なレストランで先に来ていた“冥王星人”こと本質の男、佃先生と合流。



恐縮にも、OBJECTIVE STRAIGHT SPRINGの門出を祝って、藤渕先生が素晴らしい場を設けて下さった。

自分は駆け出しでまだまだこれからの分際ではあるがメンバーとして選ばれ、嶋田先生や吉田先生と共にカイロプラクティックの本質を発信していこうと覚悟を決めた。


そこでJapanese BJ, 藤渕先生から思わぬプレゼント!

なんとObjective Straightの象徴的存在であるDr. Shermanの手焼きの写真!!

なんと、Dr. Shermanの写真を隠れて支えているのが藤渕先生(笑)
20代のオブジェクティブストレート黄金世代!
普段はクールに振る舞っている嶋田先生が目頭を熱くしている姿を見て、もらい泣きしそうでヤバかった…。鬼の目にも涙ってこのことか(爆)


そしてHIROさんからも魂のこもった最高のサプライズを頂き、皆がいかにOBJECTIVE STRAIGHT SPRINGへ期待と激励の気持ちを抱いているかが身にしみて分かった。



今まで日の目を見ることの無かった超マイナーなオブジェクティブストレートカイロプラクティック。涙を飲みながら、まわりの重圧につぶされることなく“情熱”のみで孤独に突っ走って来た藤渕先生と嶋田先生。

今まで、なかなか評価されなかったふたりが今、自分たちのような後を追う者が出て来ていよいよ立ち上がり、日の目を見る。



そんなふたりの超かっこいい“生き様”の後を追い、自分もメンバーとして今ここに立ち上がる。


なんとも言い難い感情が込み上げてきて、それに満たされ、前に進もうと『覚悟』を新たにする会になった。



こんなに心強い同志がたくさんいる。

うしろでどっしり構える藤渕先生、Sherman College卒のDCとなってさらにOBJECTIVE STRAIGHT SPRINGをブーストしてくれるHIROさん、滋賀県で駆け出しの同じ昭和62年生まれの野村さん、藤渕先生の下で直接イズムを継承し実践していこうと決めた常川さん、本質に気付き辿り着いた佃先生。

この他にも、自分たちを後押ししてくださる方々の存在…



一生で忘れられない瞬間になったのは、言うまでもない。




感謝、感謝、感謝
ありがとうございます。




〜おまけ〜
OBJECTIVE STRAIGHT SPRINGのExecutive Adviserに頭を下げさせる自分(笑)
ちょろいもんです(爆)
大変失礼致しました。。(笑)

Japanese BJの器のデカさは折り紙付きです!

No comments:

Post a Comment