Pages

Wednesday, December 4, 2013

Extra day

28、29日と今までと違った“覚悟”で挑んだセミナーが終わり、東京最終日となった11月30日。


この日は朝から、彼女と藤渕先生と門下生の谷田貝先生とで、嶋田先生のオフィスにお邪魔した。


セミナーの興奮が冷めやらぬ中、約2ヶ月ぶりのストレートカイロプラクティックへ。



入るや否や、

どーーーーーーーーん!!!

存在感が半端ないです…(笑) 眩しい!!




闘いを終えた侍が刀を並べて一休みといった光景。



雑談を交えながら(といってもカイロプラクティックの話)、自分は嶋田先生にスパインチェックしてもらった。案の定、サブラクセーションだったので嶋田先生のFUCA-TIRAアプローチを受けた!



これは本当にすごい。

まだまだ見えないずっと先を走る藤渕先生と嶋田先生の世界。

自分も絶対そこに行くんだと改めて強く思った。





その場にいた皆がアジャストメントアプローチを受けて、しばらくレスト。
みんなの顔が輝いていて、すごい空間だった!


身体活動機能の大幅な向上からか、なぜか懸垂大会が始まって皆次々と懸垂!!(笑)




改めて、イネイト、アジャストメント、そしてカイロプラクターのアプローチの無限の可能性を感じて、皆興奮していた!




そこで自ずと、前日のセミナーの復習に(笑)

なんと藤渕先生と嶋田先生からジリジリと視線を感じながらのプライベートレッスンになった!(ありえない贅沢!!)



視線を独り占め♪(笑)

門下生、谷田貝先生も餌食に…(笑)

良い顔!


Innate recoil adjustmentは本当にすごい!
皆、カイロプラクティックLOVEです!


最高に愉しい時間はあっという間に過ぎるもんで、嶋田先生のオフィスを皆であとにした。







いよいよ、僕は前に進みます。

それはObjective Straight ChiropracTORとして、カイロプラクティック本来の目的を忠実に実践し、発信していくための組織、OBJECTIVE STRAIGHT SPRINGのメンバーに選ばれたから。


おそらく世界で一番小さな組織で、エグゼクティブアドバイザーに藤渕先生、メンバーが嶋田慶三郎先生、吉田哲也先生、そして志賀隆史とたったの3人。



この世界一小さな組織が、SPRING(源泉)としてカイロプラクティックの行く先をもう一度指し示して行こうと今、立ち上がった。





今回のBJPセミナー、JBJセミナーと、覚悟をもって挑んだ東京訪問。

それは、今後自分自身がカイロプラクティックの源泉となる覚悟を示すものであった。




まだこれからの自分ですが、暗闇を彷徨う人の“光”になる!



No comments:

Post a Comment