Pages

Wednesday, December 4, 2013

第四弾 JBJセミナー at 北千住


つづく29日、前回の第三弾同様にアディオカイロプラクティックの坂本先生夫妻による主催のもと、第四弾のセミナーが開催された!



前回すごい盛り上がりをみせたシャーマンニーチェストセミナー、なんと今回も公募するまでもなくSOLD OUT!

前回のセミナー以後、Facebook上でも参加された先生方の“異様な”盛り上がりにより、セミナー会場に入るや否やすでに予熱済みだった (笑)



Double "K" Knee Chest tableが並ぶ!壮観!


今回参加して、改めてJapanese BJこと藤渕啓介先生のキヅキ上げてきたものの大きさ、分厚さ、すごさを身を以て体感した。




ひとながれの意味、顕在界と潜在界との道のつくりかた等々、頭だけでなく実際に身体を使って感じる事ができたのは大きな収穫だった。





そして、今回のセミナーにおける自分にとっての一大イベント、


皆さんに見られる中でのアジャストメントアプローチだ!!!


最初に組んだクライアント役の方が、残念ながら今回学んだ対象ではなく、次なるクライアント役を探すことに。

そこで眼があった、健康工房かんぜの落合隆先生にアジャストメントアプローチ!!



みんなに見られると、頭の中がすっからかん…(笑)

言うまでもなく、見事に落合先生のイネイトに響かなかった……(汗)




そこでひとりの男が名乗り出た。

そう、僕がストレートカイロプラクティックを実践するきっかけになった、言わば“師匠”である嶋田慶三郎先生だ!


「リベンジに俺のスパインチェックしてくれよ!」


と、僕の姿を見かねてクライアント役をかってでてくれた!



そこで、僕の緊張はMAXに!(笑)



一気に場の空気が変わったのが分かった。というのも、嶋田慶三郎先生が大勢の前でアジャストメントを受ける姿を誰も見た事が無いからだ。



セットアップする時に、優しく

「スピードを早くする必要はないから、正確性だけ気をつけて」


と、緊張する僕を落ち着かせるように囁いてくれた。





ひとつひとつステップを確認しながらのアプローチ。







う〜〜〜〜ん…

緊張しました…(笑)



直後に、嶋田先生からのフィードバックや他の先生方からのアドバイスを頂き、自分の問題点が明らかになった。



前日のBJPセミナーから心の中にある“覚悟”。


それは今まで前に出ずに傍観する自分とは大きく違い、自ら“前”に出る気持ち。






そのような“覚悟”を持ったのも、あるひとつの“流れ”に自分が乗っているからだ。



ある“流れ”とは……


No comments:

Post a Comment