Pages

Sunday, February 23, 2014

カイロプラクターのすること

カイロプラクティックは本来、みんなのもの。


病める人も健やかなる人も、どんな方にも平等にカイロプラクティックを活用する権利がある。



しかしカイロプラクティックを実践する者(カイロプラクター)の判断では、「こういう人に来て欲しい」と限定することもあるので、まさに“人による”。






先ほど言った様に、カイロプラクティック自体は来られる方の状態、目的等は本来問わない。





クライアントさんがそれぞれ違った目的で活用するのは良い事だし、是非どんな方にも活用して頂きたい。









でも、それぞれの目的が違うのにも関わらず、なぜカイロプラクティックはそれぞれ異なる目的をお手伝いすることができるのか。







それは、カイロプラクターの仕事は『その人の100%を出し切る手伝い』にあるからだ。



その人の100%とは、

物質の限界内(体の構造)で、最大限に筋力、関節や筋肉の柔軟性、恒常性、自然治癒力、環境適応力など(機能)を100%発揮できている状態を指す。





どうしても普段の生活で、『その人の100%が出し切れないスパイラル』に陥ってしまうことがある。
(それをカイロプラクティックでは“脊椎サブラクセーション”と呼ぶ。)





それは、

コケたり、滑ったり、ぶつけたり、ぶつけられたり、体に悪い化学物質を過剰に体内に取り込んだり、心が深く沈んだり、強いプレッシャーを感じたりと、現代生活を普通におくる限り避ける事ができない出来事によって引き起こされてしまう。





その、目的を果たすのに足を引っ張る『スパイラル』から抜け出すためには、どうしても自分だけの力じゃ対応しきれないので、そこで初めてカイロプラクターの出番!






カイロプラクターは、背中の温度を測ったり、筋力、柔軟性などの身体機能をチェックすることで、その『スパイラル』状態かどうかを見極め、もしその『スパイラル』状態であれば施術をするプロだ。


もちろん、『その人の100%を出し切れている』場合は、カイロプラクターのすることは何もない。









カイロプラクティックがなぜ、多種多様なクライアントさんの目的を果たすお手伝いができるか。



それは、『その人の100%を出し切る』ことで、各クライアントさんのゴールに向けての“追い風”になるからだ。




追い風起こします


No comments:

Post a Comment