Pages

Friday, March 21, 2014

なぜ?

鷹の道シリーズの最中ですが、ちょっと余談です(笑)





「なぜ?」


と思う事はすごく大事なこと。





僕がストレートカイロプラクティックに興味を持ったのも、日々の「なぜ?」の連続からだった。








なぜ、カイロプラクティックなのか
なぜ、哲学、科学、芸術なのか
なぜ、医療ではないのか
なぜ、いろんな療法、療術があるのに治るのか
なぜ、生きられるのか
なぜ、環境に適応できるのか
なぜ、環境に適応できないのか
なぜ、アジャストメントなのか
なぜ、サブラクセーションなのか
なぜ、マニピュレーションじゃないのか
なぜ、治療しないのか
なぜ、なぜ、なぜ、なぜ、、、、








そんな「なぜ?」の連続に答えてくれているのが、一般的に流行っているカイロプラクティックではなく、“本来の”カイロプラクティックだった。







なので、僕としてはなぜ「なぜ?」を繰り返さずに、学校で学んだことを鵜呑みにして満足するかがわからない。







もちろん、今の状況でも「なぜ?」は消えない。





だからこそ一生を懸けて「なぜ?」を突き詰めていく。







カイロプラクティックは際限なく「なぜ?」が付き纏うし、それに対する答えも見つけられる。





しかもそれを自分以外の人(クライアントさん等)と共有できるところがなんともニクい…(笑)






僕はおそらく、一生カイロプラクティックから離れる事はないだろう。

それだけ、深く入れば入るほどやめられない魅力がある。




カイロプラクターと名乗る人ほど、カイロプラクティックの深いところに入って欲しい。

名乗るからには“責任”があるんだから。





No comments:

Post a Comment