Pages

Thursday, September 18, 2014

119歳

カイロプラクティックが今日で119歳を迎えた!




それにしても、まだまだ若い。

と僕が言えた口ではないが(笑)







カイロプラクティックは着実に変わりゆく環境の変化に適応しながら、脈々とその命は受け継がれている。








僕が実践していることは一部の人にとっては「古い」と言われることだろう。









ドイツの諺で、


『伝統とは、灰を拝むことではない』

とある。






伝統は、

過ぎたことでもなく、
古いものでもなく、
決まった形のものでもない。





常に移ろい変わりゆく、新しいものだ。







ただそれは混沌としたものではなく、必ず一筋に続くもの。







僕がカイロプラクターと名乗る限り、その"ひとすじ"を日々貫き通して生きたい。





一線上にいる全ての先人に感謝。




No comments:

Post a Comment