Pages

Tuesday, July 21, 2015

信念

先日、非暴力、不服従という信念のもとにインドの独立を実現させたマハトマ・ガンディーの映画を観た。





小学生の頃、社会で習ったような記憶はあるが正直にほぼ覚えていなかった。
「なんかそんな人がおったな〜」程度の認識で、あのThom Gelardi DCが尊敬していたなと思い、DVDを借りた。






なんでもそうがだが、小中学校で学んだ事なんかすっかり忘却し、大人になって興味を抱いて学ぶと、その凄さや奥深さに心底感心することが多い。


現在の学校教育も考えモンだが…







と話は逸れたが、強い信念を持ちそれに基づき行動することは並大抵のことではない。



今でこそ、如何なる人種でもひとりの人間として生きる権利を得たわけだが、今があるのは過去に多くの犠牲があったからだ。




カイロプラクティックにおいても、“医者の免許なしに医療行為を行っている”と牢獄にぶち込まれた多くのカイロプラクター達がいた。彼らはあくまでも「私達はカイロプラクティックを行っている」と主張し、保釈金を払う事なく信念を貫き通した。



それと同時に、“ドクター”という立場を確保するために18ヶ月の“スクール”から3年の“カレッジ(大学)”という形式に移行することに人生を捧げた者もいる。



それだけではない。リサーチやビジネスとしての成功を納めた“カイロプラクター”達がいたからこそ、現在カイロプラクティックというひとつの職業が認められている。






現行のカイロプラクティックを否定する者もいるが、過去にカイロプラクティックの独自性やカイロプラクティックの立場を確立するために人生を捧げたカイロプラクターがいるからこそ、今カイロプラクティックの恩恵を受けることが出来ている。







ただ単に自分は、カイロプラクティックの独自性を主張し、実践して生きて行きたいと思っている。



そうすることで自分の人生がカイロプラクティックの肥やしとなれば、僕にとってそれは成功となると信じている。







カイロプラクティックの肥やしとなれるよう、日々実践して生きて行きます!












No comments:

Post a Comment