Pages

Tuesday, May 10, 2016

必要十分

営業をするに当たって、直面する事がある。






「必要」と「十分」

ここに大きな差がある。


前者は、「これ"が"良い、これ"しか"ない」→ これが欲しい(I need)

後者は、「これ"で"良い、こんなに"も"ある」→ これはいらない(I do not need)



カイロプラクティックケアを受けた事のない人に提案する場合、後者の方には幾ら想いを熱く語っても相手方には響かない。それどころか暑苦しくて面倒くさいヤツというレッテルももれなく付いてくる。



しかし、前者の方は可能性を見出してくれる。




欲は悪いものだという慣習が蔓延っているが、そのコントロールが問題であって欲そのものに非はない。


生まれながらに備わった欲の片鱗である「これ"が"良い、これ"しか"ない」という想いは進歩に必要な条件だ。



そんな現状に満足せず、「必要」だと思っている方は、カイロプラクティックケアによってお力になれるし、こちらの提案に興味を示してくれる。




あなたは、今の自分に満たされているだろうか。




もしもあなたの想いの100%が、顔を声を体を使って70%"しか"表現出来ていなかったなら。


もしも相手の想いを100%感じてあげられなかったなら。



そして、



もしもあなたの想いの100%が、顔を声を体を使って100%表現出来たなら。


もしも相手の想いの100%を感じてあげられたなら。




(Facebookより; いつ何時もより安く済ませようとする人がいる)




※カイロプラクティックで言う100%とは"適切に" or "正確に"という事を意味しており、量的なものでなく質的なものを暗に示しています。

※より安く済ませるのが悪いという訳でなく、何にどれ程の質を求めるのかという事の提起です。

No comments:

Post a Comment