Pages

Friday, May 27, 2016

カイロプラクティクは相対的

カイロプラクティックの哲学は深く、現実的だ。

カイロプラクティックの考え方では「他と比較しない」という特徴がある。
  (過去に書いたブログはこちら




それは、絶対的な尺度で判断される一般的な通念とは大きく性質を違う。



例えば「点数」 (A, B, Cの三人はそれぞれ実力を100%を出し切ったという前提)

毎年難易度が変わらないテストで平成28年にAさんは80点、Bさんは60点、Cさんは100点を取った。
翌年同じテストでAさんは90点、Bさんは100点、Cさんは90点となった。

優劣の順位が付けられる一般社会で評価されるのは、 
平成28年は1番がCさん、次にAさん、そしてBさんだ。
平成29年は1番がBさん、次にAさん、Cさんだ。 

そして2年で各自比べると、
Aさんは過去の自分より10点優れ、Bさんは40点優れ、 Cさんは10点劣ったことになる。
 




しかしカイロプラクティック的な考えで言えば、
AさんもBさんもCさんも、皆100%を出し切ったので同列であり、優劣の問題ではない。そして過去の自分との比較による優劣もない。 


天体で言えば、太陽、地球、月の引力がそれぞれ異なるだけで、それぞれに固有の引力があるだけの話で優劣ではない。




さて前置きが長くなってしまったが、

オフィスに来たクライアントがサブラクセーション下にあるかどうかの判断をする時、その判断基準値はAさん、Bさん、Cさん、それぞれ違っていて当たり前だということだ。

うちのオフィスでは、チェック時に厚さの異なる板に乗ってもらい、何ミリの時に身体機能が正常化するかを判断基準の一つにしている。


簡潔に言えば、各人のサブラクセーション下における適切な板の厚さはA, B, Cさん、それぞれ違うということだ。

Aさんは10mmでパターンが消える、Bさんは3mm、Cさんは8mmという具合に。



つまり、カイロプラクターがどの人に対しても「5mm以上はサブラクセーションである」という決めつけの判断は間違っているということだ。そして、同一人物であっても、10歳の時と90歳の時とでは判断基準が変わるということ。
画一的な判断基準はまるで、「生涯通じてテストで80点以下の人間は人間じゃない」と言っているようなものだ。








総じて僕の主張したいことは、

何が正しくて、何が間違っているのか?
何を指標に判断を下せば良いのか?
その判断は各人固有の判断基準に則るのがカイロプラクティック的な判断基準であるということで、もっとシンプルに言えば基準は"その人"であって他人が画一的に決められることじゃないということだ。



つまりカイロプラクティクでの正解はその人であり、その人固有の内在する叡智(Innate Intelligence)が行う事が正しいと考える。




従って、内在する叡智の能力は下がらないし上がらない。
常にその場、その状況に応じて100%である。 

ただ単に、物質と時間の制限によって内在する叡智から創られた100%のフォースが干渉され、サブラクセーションという状態になってしまうだけだ。 


無限にフレッシュな物質と無限に持て余した時間があれば、内在する叡智はサブラクセーションすらも骨を溶かし、変形させ、サブラクセーションという状態からも脱する事ができるだろう。

だが残念ながら、それらは自然の摂理に無い。

No comments:

Post a Comment