Pages

Saturday, May 14, 2016

カイロプラクティックは受けなくても良い

「カイロプラクティックを受けましょう」

これはカイロプラクターの叫びだ。



ほとんどのカイロプラクターが、ケアを受けることで良いことがあると信じ、
それを推し進める。


受けましょう、受けた方が良い、むしろ受け続けなきゃ悪くなる。

過去にそんなことを言われたというクライアントさんも多い。



しかしながら、実際は受けなくても生きていける。

むしろ、世の中にはカイロプラクティックを受けたことのない人がほとんどだ。



金さん銀さんだって、カイロプラクティックを受けたことがなくても100歳を優に超えるまで生命を全うしたわけだ。



カイロプラクティックは受けなくても良い。



ただカイロプラクターとしての立場から言わせて頂くなら、

カイロプラクティックのある人生で、自分は生きる活力を得られた。
だから僕はカイロプラクティックのある人生を提案し、同じ思いを共有できる人が出てくれば良い。

そういう想いで、カイロプラクティックのある人生を提案させて頂いている。




あなたの人生には、あなたの目標や夢、生き甲斐が中心にある。
その中心にあるものに、陰ながら力になれる。


でも、あなたの目標や夢、生き甲斐に役に立たないなと思われればそれで良い。
実際にカイロプラクティックを生き甲斐にしている僕にとって役に立たないことは僕の人生には取り込もうとは思わない。


受けるか受けないかはあなたが決めることで、こちらが強要することじゃない。




主役はあなた自身なのだから。


もし力が必要な場合は、僕は黒子としてサポートさせて頂きます。



No comments:

Post a Comment