Pages

Thursday, June 30, 2016

歯科

先日、歯科医院に立ち寄ることがあった。


そこで感じたことだが、デンタルケアの在り方はカイロプラクティックケアの在り方と似ているところがある。




歯が痛くて夜も眠れなくなってから歯科医院にかかる人、
年齢による変化が気になってから歯科医院にかかる人、
ほんの僅かでも違和感を抱いてから歯科医院にかかる人、
特に問題はないが歯科医院にかかる人




多くのタイプがいる。




どのタイプの人が来ても、歯科医は口腔内をチェックし問題があれば然るべき処置を施す。




歯科医によって重きを置くところに違いが出てくるが、基本的には口腔内のトラブルを解決するためにプランを提案して完治までの道筋を立て、完治後も"予防"のために定期的なチェックを推奨している。






カイロプラクティックケアでも、上記のような様々なタイプの人達がオフィスに訪れる。




私のオフィスでも脊椎上に問題(椎骨の変位、椎孔の狭窄、神経圧迫、伝達干渉)があるかどうかをチェックし、問題があれば施術を行う。





しかしながら歯科と違うところは、所謂「治療」を目的としていないために、プランや予防策も提案しないところにある。




先日もクライアントさんに問われたが、
「先生、何か日頃気をつけたほうが良い事とかありますか?」


という問いに対して歯科医であれば、
「歯磨き粉、歯ブラシ、歯磨きの仕方、糸ようじの使い方を教えた通りにして、定期的に検査にいらしてください。」


と答えるだろう。




でも私の場合は、
「一人として同じ人間がいないように、人によってヨガが良かったり、山登りが良かったり、柔らかい寝具が良かったり、硬い寝具が良かったり、人それぞれ必要な物、心身のストレスにならない物や生活習慣は当然異なります。ご自分の生活が正しかったか、自分に合った物を使っているかなどを確認するには、うちにチェックに来られればわかりますよ。」


とお答えした。




あくまでも主役は私ではなくクライアントさんなので、一番はクライアントさんの自主性に委ねているし、これが絶対正しいと言われる万人に当てはまる形式は存在しないと思っている。


だからこそ多様性があって面白いし、そんな多種多様な生き方のサポートができる喜びを感じられている。







No comments:

Post a Comment