Pages

Wednesday, June 15, 2016

Ease

我々の体は常に"楽"であろうとしている。




それが Ease だ。




そんな"楽"に横槍を入れるのが脊椎サブラクセーションであり、"楽"じゃない状態、所謂 Dis-Ease という状態になる。




"楽"とはどういうことだろうか。




イネイトはどんな環境下でもベストを尽くして肉体を保持しようと常に外力に適応している。





外力が多ければ多いほど、または強ければ強いほど、イネイトの仕事が増えてしまう。





イネイトとしては、仕事が少ない方が"楽"だ。




カイロプラクターの仕事は、

イネイトにとって最優先である、脊椎サブラクセーションを取り除こうとする仕事を共に解決するサポートだ。





人は生きていれば脊椎サブラクセーション以外にも、たくさんの仕事が次から次へと降りかかる。





そこは我々カイロプラクターの仕事の範疇を脱する。




脊椎サブラクセーションにフォーカスするのが、カイロプラクティックだ。





No comments:

Post a Comment