Pages

Tuesday, July 12, 2016

セルフコントロール

スパインチェックをしていると、問題のない人がいる。



今までカイロプラクティック的に問題だと見做す状態(脊椎サブラクセーション)が何度も続いていたにも関わらず、急に問題ない状態になったりする事もある。


そういう方々の話を伺うと、大体共通して生活の何かを変えたという声をよく聞く。



先日いらした方は住環境を変えたと仰っていて、それが見事にその方にハマっていたようだ。

その方は非常に自分に素直に生きていらっしゃる方で、職や居住地を転々とするらしい。





一般的には、そういう転々とする人の事を高く評価しない傾向にある。

「一つのことをやり続ける事が美徳である」と。


がしかし、その方は約1年ぶりのスパインチェックだったが問題はなかった。




推測でしかないが、
自分に素直に生きている事により自ずと外力を選択し、肉体に負担をかけないような生き方になっていたのだと考えている。



「そうは言ってもそんな生活は無理だ」
という人もいるが、優先順位が違うだけでどちらが良い悪いという議論をしたい訳じゃない。




どういうタイプの人でも最も大切だと思うことは、コントロールすることだ。



誰にだって不可抗力はあるし、逃れられない事もある。


その中で自分の体を優先する時なのか、それ以外を優先する時なのかという事を、時と場合に応じて自分でコントロールする必要性を感じている。





自分の体は自分でしか守れない。





No comments:

Post a Comment