Pages

Friday, September 23, 2016

パターンの意義

世界的に活躍されているデザイナーとして「佐藤オオキ」さんを取り上げるテレビ番組を最近良く見かける。


そんな彼が出演している番組を見ていて、カイロプラクターとして非常に面白い再発見があったのでブログにしてみた。




いつも同じような服を着て、いつも同じカフェで、いつも同じものを、いつも同じ席で嗜むことで、微細な変化に気づくことができる



そう言った彼は、意図的にパターン化させた日常の中に身を置くことによってほんの僅かな変化に気づけるようにしているという。

一種のルーティーンワークのようなものだ。

その主な作用として、「微妙な違いを感知するため」、「メンタルを落ち着かせるため」、「いかなる状況でも安定したパフォーマンスを発揮するため」と色々あるが、カイロプラクティック的に見れば日常をパターン化することで余計な労力を使わないためだと言える。




また、お笑い芸人として今尚第一線で活躍している「明石家さんま」さんも、パターン化させたお笑いを得意とする。

同氏がパターン化した笑いについてこう言っていた。


パターンを作った方が、見ているお客様も安心して笑える



安心の中の笑いを提供することに突出した彼ならではのお笑い哲学であり、視聴者として安心して見られる所以だ。



なんでも初めての事、未知な事に関しては緊張が伴うもので、初めて行く場所や初めてやる事を終えた日は、家に帰るとぐったりした覚えがあるだろう。

それだけ慣れない事をするのは神経を使うという事を、体はしっかり覚えているわけだ。


だからこそ、パターン化させて労力を最小限に抑えるというシステムが人間にはプログラミングされている。







パターンにはちゃんと意義がある。

カイロプラクターとしてなぜそのパターンを見るのか、なぜパターン化している事を問題視しているのかは、また後日ブログに書きたいと思う。



No comments:

Post a Comment