Pages

Wednesday, March 29, 2017

何故カイロプラクティックなのか?

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース2時間SP」で、
昨年2月上旬に"カイロプラクティックを受けて死亡した"とされるモデルのケースが紹介されていた。

このケースの論点は無数にあるが、現状という点のみをここでは書きたい。


見た印象としてカイロプラクティックの現状は 中途半端 のひと言。

医学にもなりきれず、カイロプラクティックにもなりきれていない。



WHOで定められている教育基準は、医学的な内容がほぼ10割を占める。

しかしながらカイロプラクティックとしてのアイデンティティを保つ為なのか、
微々たる独自性?を固持しようとした結果、存在価値を下げている。



それは自分がマードック大学で医学を学んでいた時に自分に問うた言葉


"私はカイロプラクターです"と言うことに誇りを持てるか?

 に尽きると思う。


今やっていること、カイロプラクティックと名乗ることに胸を張れるのだろうか。



医療もどき、カイロプラクティックもどきではなく、
ザ!医療、ザ!カイロプラクティックというものであれば、無意味な否定のし合いは終わり、何よりも利用者の利益に繋がる。



いかにも中途半端な現状が、放送を通してより明確化した。

このままで良いのか、カイロプラクティック。


No comments:

Post a Comment