Pages

Tuesday, March 7, 2017

北海道の太陽! part III

東京に戻る時間が迫ってきたときに、

太一先生が今の僕に伝えたいことを一生懸命車の中で伝えてくれた。


「苦しい時こそ、信じる」


色々な相談をさせて頂いたが、その言葉がすごく奥深く心に入って来た。

暗闇にいる時こそ、自分を信じ、家族を信じ、クライアントを信じ、

そしてカイロプラクティックを信じてとにかく前に進む。

そこで確信がないのに施術をしてしまったり、

わざわざ遠くから来て頂いたからそのまま帰すのは申し訳ないとか、

優しさのようで長期的に見れば余計な事をしてしまい

思わしくない結果に全ての否定に進んでしまってしまいには

カイロプラクティックをやらなくなるというパターンが多い。



そこを太一先生は乗り越えて、

ストレートにカイロプラクティックケアをあの広大な北海道で提供している事を嬉しく思った。


一人でいると自分の悪い所ばかりを意識して悪循環が続いてしまっていたけど、

太一先生と色々お話してもっともっと自分のやっていることに自信を持って良いんだ

と気持ちが軽くなった。


至極当然の結果しか起きないけど、

その当然は奇跡と言えるご縁の積み重ねである事を改めて感じた時間になった。


太一先生とのご縁に感謝!

益々、頑張っていきます!!


太一先生、ご家族、北海道のカムイ達、素晴らしい時間を有難うございました!

No comments:

Post a Comment