Pages

Thursday, June 22, 2017

追求

先日、「ストレートカイロプラクティックを知りたい」という柔道整復師が遠路遥々東京までお見えになった。


最初はTIC道キャプテン、嶋田慶三郎DCのオフィスへ行ったが、多忙な為話だけで終わり、チェックを受けたかったら近くにメンバーが居るからそっちでということでうちのオフィスに来られた。


連絡を受けた時はそもそも営業日ではなかったがオフィスにおり、しかも帰りの電車にのる直前だったが、絶妙なタイミングに「これも何かのご縁だ」と思いオフィスを開けた。



話もそこそこに、チェックをはじめると色々な驚きがあったようだった。


それもそのはず、

一般に認識されているものとは大きく違い、全く分野が異なるサービスを提供しているからだ



結果的に脊椎サブラクセーション状態であり、アプローチを行った。



まっすぐな眼を持った好青年で、一生懸命カイロプラクティックを理解しようとしている姿に、

かつての自分もこうだったのかなと思いながら全力で向き合わせて頂いた。



帰り際に、

「先生達は、生き様そのものがストレートですよね」

と彼が口にした。


カイロプラクティックはアイディア、根拠、実践がひとつになったもので、

単なる"手技療法"の一種ではない



私がカイロプラクティックから学んでいるのは人生そのもの。


そしてカイロプラクティックが自分の人生そのものになってきている。




彼が今後どのような道に進むにしても、

「カイロプラクティックとはこういうものだ」

という明確なものを掴んで頂けたら自分の仕事はできたかなと思う。



色々な思いをさせてくれた一夜に感謝!





No comments:

Post a Comment