Pages

Tuesday, July 18, 2017

脊椎サブラクセーションの私的考察 part 2

創始者、D. D. Palmerの論理の下、存在を露わにした脊椎サブラクセーション。


創始者本人はコアとなる脊椎サブラクセーションの追求ではなく、

カイロプラクティックを世に広めるためにアメリカ全土を駆け巡っていた。



そこで若干20歳のB. J. Palmerは、学校経営とアメリカ医師会からの弾圧に抵抗するために、

脊椎サブラクセーションの追求、医療の側面からの科学的証明、カイロプラクティックのセールスに生涯をかけた。





D. D. Palmerの主張する脊椎サブラクセーションを、より客観性を持たせてその存在を証明するために、

B. J.は最先端の技術を次々と導入した。

代表的なものは、
レントゲン、サーモグラフィ、筋電図(のような物 "the electroencephaloneuromentimpograph")がある。



結果的にB. J.は、脊椎サブラクセーションを構成する要素を以下に定義した。

1. Misalignment of vertebra
2. Occlusion of foramina
3. Pressure upon nerve
4. Interference with mental impulse 
つまり、
1. 椎骨の位置変位
2. 神経孔の狭窄
3. 神経上の圧迫
4. メンタルインパルスの干渉


さてここで、1、2、3は理論上わかりやすいが、4とは何か容易に理解できるだろうか?


B. J.は、先端機器を用いて脊椎サブラクセーション状態を科学的に、客観的に示したかったわけだが、

レントゲン、サーモグラフィ、筋電図(のような物 "the electroencephaloneuromentimpograph")で4は証明できたとは言い切れない結果となった。


私の知る限りB. J.は、筋電図(のような物 "the electroencephaloneuromentimpograph")によって、

「アジャストメント後、神経活動が活発になった」

という結論を出し、論理を押し切った感を受ける文章しか私は目にしたことがない。



筋電図(のような物 "the electroencephaloneuromentimpograph")のグラフはほぼ現存していないこと、

B. J. しかグラフを解読できなかったという逸話によって、

B. J.の行った研究の詳細が煙に巻かれた印象を受ける。






確かに脊椎サブラクセーションのアジャストメントによって奇跡的なことが多く起きたことは事実だが、

そもそもの脊椎サブラクセーション自体を説明できたわけではない。




part 3では、掴み難いメンタルインパルスのコンセプトを展開したい。


No comments:

Post a Comment