Pages

Tuesday, August 29, 2017

脊椎サブラクセーションの私的考察 part 9 纏め

このシリーズではカイロプラクティックの独自性である脊椎サブラクセーションの存在を、

発見から当初の論理、後進が辿った経緯や私的再考などを行ってきた。





元々、D. D. Palmerが1895年に発見した脊椎サブラクセーションという状態。

それは神経の振動数(周波数、発火頻度)を狂わせて病気の根源となると主張したのがはじまりだった。

しかしまだ抽象的な論理であったため具体性に欠け、尚且つ医療と目的を同じにしてしまったことから、

カイロプラクティックという職業は常に懐疑心を生み、弾圧の対象となってきた歴史がある。

そこで息子のB. J. Palmerは最新機器を導入し、脊椎サブラクセーションの科学的側面からの解明、

カイロプラクティックケアの有効性を示し、カイロプラクターの地位を守ってきた。

それでも脊椎サブラクセーションという状態を万人が納得するよう示せたわけでわなかった。


そうこうしている間にカイロプラクターと理論が多様性を極め、もはや収拾がつかない状況になってしまっている。

一部の現代を生きるアツいカイロプラクター達が、D. D.やB. J.の主張を未だそっくりそのまま使って説明しているために、

現実味の欠ける、いまいちリアリティの無い盲目的な信念を主張していると思われても当然だ。

そんな中、私なりに神経生理学、機能神経学、神経動態学、神経コーディング、情報処理学などを用いて、

脊椎サブラクセーション状態を現実的に再考察してきた。


私なりの論理は、
脊椎サブラクセーションとは脊椎の位置変位を伴う、神経を媒体とする情報交換の持続的な変調状態である。
それは物理的、化学的、精神的な過剰ストレスに見舞われた時に起こる一つの反応で、
持続的な機能的、構造的偏向性による神経組織への物理的圧刺激の結果、
情報処理、編集、伝達に変調を来し、ある程度の活動範囲に特化している状態をいう。


と難しい言葉を使ったが、簡潔に言えば

神経を使った情報のやり取りが本調子ではない

ということだ。



そして、本調子か変調状態かは他者には決められず、

その人をその人たらしめる自己存在の叡智(イネイトインテリジェンス)によって決められるものであり、

且つ後天的な叡智によって本調子か変調状態のどちらが好ましいのかを選択させるべきである。


従って目の前の人がどうあるべきかなどという万人に当てはまる模範解答は無く、

各々の自己存在の叡智(イネイトインテリジェンス)にとって快適な状態(本調子: Ease)を検査などで読み取り、

どちらを望むのかを後天的な叡智に選ばせるだけだ。


さらに結局のところ、生気論、機械論の両側面があって初めてカイロプラクティックが成り立つことを我々は認識しなければならない。



加えてD. D.やB. J.の時代では病の根源とされてきた脊椎サブラクセーションは、

生きる基礎を変える要因ではあるが万病の直接的原因ではないことが時代を経てわかってきた。



故に我々カイロプラクターは、症状や病気の治療という医療の目的から一線を画し、

脊椎サブラクセーション状態(情報変調状態)からの脱却を唯一の目的として、その独自性と価値を築き上げなければならない。










さて、今まで脊椎サブラクセーション状態を私的に考察してきたわけだが、

色々なことが明らかになってもカイロプラクターのやるべきことは何も変わらない。

何か未知のものを解明することは素晴らしいことではあるが、

ニュートンが重力や慣性の法則などを解明したと同じように、

解明したところで"それ"は既にずっと前からそこにあり、これからもあり続ける。



普遍的なものであれば、いくら理論を後付けしたところでその本質は変わらない。

勉強していくほどにカイロプラクティックは普遍的なものであると再認識できる。




しかし信じるだけで、考え突き詰めることをやめるのは堕落であり怠慢だ。

カイロプラクティックが宗教と揶揄されるのも、カイロプラクターが羨望や憧れに似た心情の下、先人の言うことを信じてそのままコピーしていることが大きい。



カイロプラクティックが生き残っていくためには、

カイロプラクターは私的な欲求のためにカイロプラクティックを利用し続けて良いのだろうか?



29歳時点での脊椎サブラクセーションの私的考察は以上となる。

これから更に深まるであろう私のカイロプラクティック道はまだまだ続く。


Wednesday, August 23, 2017

脊椎サブラクセーションの私的考察 part 8

今まで、一体脊椎サブラクセーションとはどういった状態なのか?を科学的に論じてきた。


しかし、"あるもの"の存在無しに脊椎サブラクセーションは語れない。

その"あるもの"こそが、「イネイトインテリジェンス」。



機械論的な内容が多かったがイネイトインテリジェンスという概念を差し置いて脊椎サブラクセーションは追求できない。

と言うより寧ろ、イネイトインテリジェンスの存在と共になければカイロプラクティックとは呼べない。



part 6 で、脊椎サブラクセーションの原因は過剰な物理的、化学的、精神的ストレスであることは述べたが、最大の根本原因は生きていること


では、その「生きる」とは何なのだろうか?

カイロプラクティックの考え方には独特の生命観がある。

生命とは叡智と物質とそれをつなぐフォース(力)の3つが一体となり"動き"を示すこと


どれが欠けても、生命、つまり"動き"を表現できなくなる。

3つが揃ってこそ生命体は動きを示し、生命活動が行われるわけだ。



そして part 7 で述べたように、脊椎サブラクセーション自体は病気の原因ではない。

単なる生理現象の一つであり、体を冷やしたら風邪を引く、お酒を飲み過ぎたら気持ち悪くなる、異物が喉に入れば咳をする、暑過ぎれば熱中症になって倒れる…

そんな反応と同じように、過剰なストレスに対する一つの生理現象として脊椎サブラクセーションという持続的な全身の情報変調が起こり、"動き(生命表現)"に違いが出てくるだけだ。






物質的な見地から解明しようとする機械論では生命を完全に網羅することは未だ出来ておらず、且つ生気論を"オカルト"と批判している。

かといって、非物質的な見地から世界を見る生気論には盲目的に信じる対象に胡座をかいて、現実を直視しないようにしていると思えてならない。



カイロプラクティックは世界最大の不思議である『生命』を対象としているため、

機械論、生気論、両方の異なった視点を持たなければ理解できないのだ。




更に言えば、非物質的な概念と物質的な実体は相互依存関係にあり、

どちらもお互いの存在無しにそれぞれの特性は存在しえない。


そんな両極を内包するのがカイロプラクティックという生き方だ。




脊椎サブラクセーションは、自己存在の叡智(イネイトインテリジェンス)が無ければ起こりえない。

死体にミスアライメント(椎骨の位置変位)はあっても脊椎サブラクセーションが無いのはそのためだ。

そして神経が全身を支配しているという科学的通念も不完全で、結局自己存在の叡智(イネイトインテリジェンス)が神経を使って全身を支配しているとしか説明がつかない。




脊椎サブラクセーションの誕生、歴史、科学的側面のアップデート、再考察をシリーズで展開してきたが、

イネイトインテリジェンスという自己を存在させる根本概念が無ければ、脊椎サブラクセーションはこの世に存在しない。



「卵が先か鶏が先か」

そんな不毛な議論よりも、今眼の前で存在し、起きていることがすべてだ。




最後に part 9 で纏めとしたい。


いや、敢えて「目に見えないものだけでなく、目に見えるものも同じく大切だ」と主張したい

Monday, August 21, 2017

脊椎サブラクセーションの私的考察 part 7

1895年にカイロプラクティックが創始され、創始者のD. D. Palmerは

「病気の原因をついに突き止めた」

と声高らかに主張した。

元々、病気や症状を治療することを目的としていたD. D. Palmerは

「病の95%は脊椎サブラクセーションから来るものだ」と主張していたわけだが、

実際はどうなのだろうか?



私は同意しない。

むしろ、脊椎サブラクセーションは単なる生理現象の一つであって、病の根源そのものではない。



例えば、
一日中草むしりをした人の腰痛は、脊椎サブラクセーションから来るのだろうか?
交通事故による体調不良は、脊椎サブラクセーションから来るのだろうか?
高血圧は脊椎サブラクセーションから来るのだろうか?
糖尿病は脊椎サブラクセーションがあるから起こるのだろうか?
難病は脊椎サブラクセーションが原因で起こるのだろうか?

その他、無数の病は脊椎サブラクセーションがあるから起こると言えるのだろうか?

その人の日々の選択、限られた肉体によって病というひとつの生理現象が起こるだけだ。



しかしながら、脊椎サブラクセーション状態から抜け出した人が、多くの奇跡と言われる回復を見せてきたことは事実。

それは単に、カイロプラクティックケアによって脳と全身の情報交換の変調が正常化され、生理機能が変化し、ケースによっては構造まで大きく変化しただけだ。



それが一般的に「治癒」と言われるだけで、

カイロプラクティックが問題とするのは脳と全身の情報交換変調のみであり、

望む結果も、脳と全身の情報交換変調の正常化(脊椎サブラクセーション状態からの脱却)

でしかない。




従って、残念ながらD. D. Palmerの主張するように、病の元凶を絶つのがカイロプラクターの仕事ではない。

生理機能の変調の原因となる脊椎サブラクセーション状態(情報交換変調)を取り除くことがカイロプラクターの真の仕事だ。



なぜ私が、創始者の言ったまま全てを解釈せず、行動しないのかには理由がある。

それは、
D. D. PalmerやB. J. Palmerの言ったことよりも、
D. D. PalmerやB. J. Palmerの言いたかったこと、やりたかったことにフォーカスしているからだ。


D. D. Palmerは医療と一線を画す独自のものを確立したかったが、
カイロプラクティックの独自性を確立する前に広めることに躍起になって生命を全うした。

B. J. Palmerは父親の発見したカイロプラクティックの独自性を確立しようと客観的な指標を取り入れ、
貪欲に研究と改革と啓蒙に命を使った。



現代を生きるカイロプラクターはカイロプラクティックケアを提供することはもちろん、

創始者、発展者の言ったこと、やったことそのものにフォーカスするのではなく、

彼らが言いたかったこと、やろうとしていたこと(意志)を汲み取ってそれを実践することの方が重要だと考えている。



脊椎サブラクセーションの私的考察を行う上で、未だに触れていない"あるもの"がある。

part 8 では、その重要な"あるもの"について展開していこうと思う。


Friday, August 11, 2017

脊椎サブラクセーションの私的考察 part 6

脊椎サブラクセーション状態とは一体どう言った状態なのか?というのをpart 5 では見てきた。


人は必ずと言って良いほど脊椎サブラクセーションの"原因"を知りたがるので、それを私なりに考察する。



創始者D. D. Palmerは、脊椎サブラクセーションの原因は3つのTと定義した。
Thought: 思考(精神的)
Trauma: 外傷(物理的)
Toxin: 毒(化学的)
以上の3つのストレスが脊椎サブラクセーションの原因となる、と。



それらのストレスによって身体を害することを防ぐために、外界と内界を情報化し、
各状況において身体を変化させる必要が出てくる。


その過程において神経系を使うわけだが、part 5 でも述べたように情報化には健全な神経機能が重要となってくる。



<物理的なストレス(Trauma)>

この場合は実際の物理的な衝撃により組織を破壊され、

その治癒作用によって瘢痕組織が形成されたり、継続的な同様のストレスに対して構造的な負荷を減らすために変形したりする。

それによって椎骨の位置変位が起こることは容易に想像できる。



<精神的なストレス(Thought)>

この場合では、後天的に得た思考回路が結果的に椎骨の位置変位を起こす。

ストレスに対する反応として特定の神経サーキットを用いるわけだが、その反復よって神経機能の偏向性が生まれ、それが身体的な動きの偏向性を生む。

それによってある特定の動きを繰り返すことによって構造的な変化を起こし、脊髄に物理的ストレスを与えてしまうわけだ。



<化学的なストレス(Toxin)>

これは直接的に神経に作用する場合や、特定の毒物(生命活動に利用できないor生命活動を阻害するもの)に対する身体反応があり、

それによって神経機能および骨格構造、そして行動に偏向性をもたらし、結果的に脊髄に物理的ストレスを与えると考えられる。






どの原因に関しても、一時的な神経機能変調では脊椎サブラクセーション状態には陥らない。

必ず、"継続的な"反復によって機能と構造の変化を起こし、ある程度不可逆的な変化に至るまでは脊椎サブラクセーション状態に陥ったとは言えない。



従ってカイロプラクターは、一時的で単調な機能検査やスナップショット(x-ray)で脊椎サブラクセーション状態を判断していては、間違いを犯す危険性を孕んでいる。

単に機能が低下していたものがアジャストメント後に回復した、向上したという安っぽく(Cheap)、安易(Easy)なものではない。




必ず『時間』をかけて、その人が一時的な機能変調なのか、それともある程度不可逆的な変調(パターン)なのかを見極める必要があるわけだ。



さて、各ストレスが継続的な反復によって機能的、構造的な偏向性を生みだし、
それが脳と全身の情報化、情報交換の変調を引き起こす機序は説明した。

そこで、情報交換の変調が当初 D.D. Palmerが主張した病気の原因となり得るのか。


part 7 では、そのことについて論じていきたい。




Saturday, August 5, 2017

脊椎サブラクセーションの私的考察 part 5

実際に椎骨の位置変位が神経機能に影響を与えることは論理的に理解出来たところで、

ではその神経活動(電気的活動)がどのように「メッセージ」として編集されやり取りされるのだろうか?


「メンタルインパルス」=「メッセージ」と言うと現実味に欠けるので、

「メッセージ」=「情報」と言い換える方が適切かと思う。



その情報はどのようにして脳に伝わり、脳から全身に送られるのか?

これは未だ完全に解明されたわけではないが、「神経コーディング」という研究分野がこれを解明しようとしている。


コーディング、つまり符号化、暗号化という意味で、

活動電位の一定時間内の発火頻度や伝達経路によって出入力の性質を暗号化し、

情報をやり取りするという研究分野だ。



興味のある方は、参考になりそうなウェブ上にある資料を参照願いたい。



D. D. Palmerが提唱した「神経は"振動(vibration)"を伝える」 というコンセプトは、

実際は電気的な信号で伝えているのだが、神経の発火頻度=周波数として解釈すれば間違いではないことがわかる。



この神経の周波数=神経の発火頻度に着目したのがトルクリリーステクニック創始者のJay Holder D.C., M.D.だが、彼のコンセプトもまた不完全ではある。

彼は神経のあるべき周波数は各神経特有の周波数の倍数であると定義しているが(神経の種類によって違う)、

その根拠に乏しい。




さて、どのように外界からの入力を情報に加工、処理、そしてそれに対して情報として出力するか?

という機序は、神経コーディング、ディコーディング(暗号解読)の研究が進むことによってさらに明らかになっていくことだろう。



ただ確実に言えるのは、
神経への物理的ストレス(圧迫、伸張)によって神経機能の不健全化(TND)を促し、それによって情報化に"変調"が起こり中枢と末梢の情報交換(適応変調:Dis-ease)が導かれる。 
 ということだ。


さらに簡潔に言えば、
脊椎サブラクセーション状態は、脳脊髄と全身の情報交換変調状態   
ということだ。


さてここでまた浮上するのが、脊椎サブラクセーション状態の原因だろう。

それはpart 6 で見ていくこととする。



Friday, August 4, 2017

脊椎サブラクセーションの私的考察 part 4

一体、その「メッセージの干渉状態」とはどのような状態なのだろうか、神経は実際にどのような状態になっているのだろうか?

まず、多くのカイロプラクターが以下の絵をカイロプラクティックの説明に使う。


絵では"末梢神経の流れ"が位置変位を起こした椎骨によって干渉を受けていることを説明している。

物理的現象として、神経は電気的な活動(活動電位)を中枢である脳脊髄と末端でやり取りしているのは科学的に明らとなっている。


絵では圧迫を受けた神経が細くなり、末端とのやり取りがうまく行かないことを説明したいわけだが、これがアメリカ医師会でカイロプラクティックがコケにされる恰好の材料だ。

「神経が通る椎間孔や椎孔には十分なスペースが確保されており、神経が椎骨の微小な位置変位で物理的に圧迫されるわけがない」と。


事実、十分スペースは存在する。

しかしながら反論として、生きた人体には隙間はなく、神経の周囲には脂肪組織、血管、靭帯、脳脊髄液などで常に満たされている。

依って椎骨が直接的に脊髄神経を触ることはほぼないと言われてもおかしくないが、

椎骨の微小な位置変位は神経周囲の組織を圧迫し、間接的に神経自体にも物理的な圧迫を起こすことは容易に想像できる。

従って、椎骨の位置変位は神経へ圧を加える要因となり得るわけだ。





さて次に、神経に圧迫が生じたとき、実際に電気的活動は阻害されるのだろうか?

興味深い簡単な実験があるので、こちらを参照願いたい。(ミミズ嫌いの方はご注意を)



この実験では、直接的に神経を圧迫して活動電位の伝導速度を計測しているわけではないが、伸張ストレスによって神経圧迫状態を起こしていると言える。

完全な理論武装にはならないが、実験結果から物理的な神経へのストレスは、伝導速度自体に変化を与えない結果となった。


簡単に言えば、
神経に圧がかかっても神経活動に影響はない
となる。



さて、こうなると最初に提示した絵によるカイロプラクターの主張が益々信憑性の低いものになってきた。


だが安心して頂きたい。

神経も一つの細胞であり正常に神経細胞が機能するためには1. 酸素 2. 栄養 3. 刺激 の三つが必要となる。

当然、神経自体にも血液供給があり、椎骨の微小な位置変位によって脊髄神経を取り巻く組織によって血液供給が阻害され、健全な神経機能は失われることになる。

同時に、神経圧迫によって神経細胞内の軸索輸送に影響を及ぼすという研究もあり、


総じて、椎骨の位置変位が神経への血液供給と軸索輸送の異常を起こし、それによって健全な神経機能が失われ(TND: Transneural degeneration)、活動電位の発火、および伝導が健全な状態からかけ離れることになる。


 上記を簡単に言えば、
椎骨の位置変位が神経活動に影響を与える
 と言えよう。



実際に脊髄神経への影響は有ると言えるわけだが、それがどう「メッセージ」になるのかをpart 5 では展開していくこととする。




Thursday, August 3, 2017

ラン

あれから14年。

先日、実家の「ラン」が生命を全うした。



自分が高校に入学する時に生後3ヶ月の真っ黒な子犬が我が家に来た。

最初は警察犬の訓練所で躾をしたが、天真爛漫なランの性格上しっかり身につかなかった(笑)


両親も共働きで誰も家にいない時が多かったが、

誰かが家に帰ってきてからのランの喜びようは凄まじかった。




12、13歳頃から後ろ足が弱り始め、徐々に筋肉も落ちて、

2ヶ月前から寝たきり状態になったと連絡があった。


その間も、実家にいる姉や父がランの暑さ対策や寝返り、床ずれの治療を懸命にやってくれた。


7月末に志賀家の法事があり帰省するのは決まっていたが、

暑さも増してさすがにそこまではもたないかもしれないと考えていた。



7月21日、夜に宮崎に着き、家に帰るとランは一生懸命息をしていた。

筋肉も落ち、痩せ細り、床ずれだらけで、オムツをしてゼーゼー息をしていたが、

顔を触るとしっかり反応してくれた。


目も見えず耳も聞こえない状態で顔を触ると、過敏に反応するのは老犬に良くあることだが、

眉間から鼻をさすって、やめると頭を動かして「さすれ!」と言わんばかりに一生懸命僕の手を探していた。



「今日まで良く頑張りました」

と声をかけ、その日は床についた。




そして翌朝、ランは生命を全うした。




ラン、お疲れ様!そして、うちに来てくれてありがとう!!




Tuesday, August 1, 2017

脊椎サブラクセーションの私的考察 part 3

創始者の息子、B. J. Palmerが抽象的コンセプトであった脊椎サブラクセーションを、
より現実的に定義するために数々の機器を導入したのはpart 2 で述べた。

そこでB. J. が定義した4つの要素、
  1. 椎骨の位置変位 
  2. 神経孔の狭窄
  3. 神経上の圧迫 
  4. メンタルインパルスの干渉
の中でも、「神経圧迫」「メンタルインパルスの干渉」という実体不明なものへの懐疑心は、

多くのカイロプラクター、ケアを受ける人々、そしてアメリカ医師会の中で蔓延したことは否めない。

なぜなら機械論が主流の現代では、実体の掴めないものへの批判が必至であるからだ。



元々D. D. Palmerは形而上学的な考えがベースにあり、
従って脊椎サブラクセーションの論理は抽象的な概念からスタートしている。



B. J. Palmerはメンタルインパルスの形而上学的な概念をわかりやすく説明するために、
「メッセージ」という言葉を用いていた。(R. W. Stephenson, 1927, "Chiropractic textbook")

つまり、生命を維持するためにメッセージのやり取りを神経が行っており、
その神経に物理的なストレスがかかり干渉が起きている状態が脊椎サブラクセーションだと。




しかしながら、「メッセージ」も形而上学的な範疇を超えない。

この「メッセージ」をどのように定量化し、具体化するのかが脊椎サブラクセーションの科学的証明の成否に大きく関わる。



一体、その「メッセージの干渉状態」とはどのような状態なのだろうか、そして神経は実際にどのような状態になっているのだろうか?

part 4で見ていくこととする。