Pages

Monday, August 21, 2017

脊椎サブラクセーションの私的考察 part 7

1895年にカイロプラクティックが創始され、創始者のD. D. Palmerは

「病気の原因をついに突き止めた」

と声高らかに主張した。

元々、病気や症状を治療することを目的としていたD. D. Palmerは

「病の95%は脊椎サブラクセーションから来るものだ」と主張していたわけだが、

実際はどうなのだろうか?



私は同意しない。

むしろ、脊椎サブラクセーションは単なる生理現象の一つであって、病の根源そのものではない。



例えば、
一日中草むしりをした人の腰痛は、脊椎サブラクセーションから来るのだろうか?
交通事故による体調不良は、脊椎サブラクセーションから来るのだろうか?
高血圧は脊椎サブラクセーションから来るのだろうか?
糖尿病は脊椎サブラクセーションがあるから起こるのだろうか?
難病は脊椎サブラクセーションが原因で起こるのだろうか?

その他、無数の病は脊椎サブラクセーションがあるから起こると言えるのだろうか?

その人の日々の選択、限られた肉体によって病というひとつの生理現象が起こるだけだ。



しかしながら、脊椎サブラクセーション状態から抜け出した人が、多くの奇跡と言われる回復を見せてきたことは事実。

それは単に、カイロプラクティックケアによって脳と全身の情報交換の変調が正常化され、生理機能が変化し、ケースによっては構造まで大きく変化しただけだ。



それが一般的に「治癒」と言われるだけで、

カイロプラクティックが問題とするのは脳と全身の情報交換変調のみであり、

望む結果も、脳と全身の情報交換変調の正常化(脊椎サブラクセーション状態からの脱却)

でしかない。




従って、残念ながらD. D. Palmerの主張するように、病の元凶を絶つのがカイロプラクターの仕事ではない。

生理機能の変調の原因となる脊椎サブラクセーション状態(情報交換変調)を取り除くことがカイロプラクターの真の仕事だ。



なぜ私が、創始者の言ったまま全てを解釈せず、行動しないのかには理由がある。

それは、
D. D. PalmerやB. J. Palmerの言ったことよりも、
D. D. PalmerやB. J. Palmerの言いたかったこと、やりたかったことにフォーカスしているからだ。


D. D. Palmerは医療と一線を画す独自のものを確立したかったが、
カイロプラクティックの独自性を確立する前に広めることに躍起になって生命を全うした。

B. J. Palmerは父親の発見したカイロプラクティックの独自性を確立しようと客観的な指標を取り入れ、
貪欲に研究と改革と啓蒙に命を使った。



現代を生きるカイロプラクターはカイロプラクティックケアを提供することはもちろん、

創始者、発展者の言ったこと、やったことそのものにフォーカスするのではなく、

彼らが言いたかったこと、やろうとしていたこと(意志)を汲み取ってそれを実践することの方が重要だと考えている。



脊椎サブラクセーションの私的考察を行う上で、未だに触れていない"あるもの"がある。

part 8 では、その重要な"あるもの"について展開していこうと思う。


No comments:

Post a Comment