Pages

Wednesday, September 13, 2017

心持ち

心の持ち方ひとつで体の表現は大きく変わる。



カイロプラクティックの表現方法としてターグルリコイルという手法を実践する時、

心の持ち方を間違えると、

見た目は似ているかもしれないが全く異なる表現になってしまう。



その心の持ち方は、

カイロプラクティック独自のアイディア(哲学)の理解度次第であり、

それを深めれば深めるほどに表現が磨かれてくると身をもって実感する。



体使いは心使い、心使いは体使い


その繋がりを干渉する"無駄な贅肉"を落としていく作業は、一生を懸ける価値がある。


No comments:

Post a Comment