Pages

Tuesday, October 10, 2017

誰が主役か

実践の中でクライアントさんの抱えている悩みが消えることがある。

そうすると、

クライアントさんの頭の中には一つの方程式が出来上がる。


『カイロプラクティックによって治った、解決した』と。



しかし、

一番問題なのはその方程式が "カイロプラクターの中" にできてしまうこと。

自分が治した、良くした
施術したから良くなった


それは飛んだ思い違いだ。


クライアントさんの抱えている悩みが解決する姿を目の当たりにすることは素直に嬉しいが、

それは私が起こしたことではない。


クライアント自身がご自分で問題を解決する力があるだけの話。



私がカイロプラクターとして行ったことは、

全身の情報のやり取りを最適化するよう手を貸しただけ。



それ以外はクライアントさんがやったこと。




クライアントさんには、

あなたが頭で考えている以上にすごい力がある。



No comments:

Post a Comment