Pages

Friday, December 8, 2017

真実はどこに

 一体何が正しいのかわからない

 誰が正しいのだろう

 真実は一体どこにあるのだろうか




どんな分野でも「?」を追い求めている人が直面する壁だと思う。




最近特に実感するのが、

真実は自分の外側には無いということ




その人にとっての真実は、その人の経験とその意味づけしかなく、

他人がとやかく言ったり、決めつけることではない。


私がクライアントさんの検査をするときも、

クライアントさんの感覚を外側から決めつけることはしないように意識している。




実体のない脊椎サブラクセーション状態だからこそ多くの客観的な指標を必要とするが、

客観的な指標によってその人を決めつけることもおかしな話だ。

寧ろ、他人には決めつけられないことなのかもしれない。




オフィスに来られるクライアントさん達は、

ある意味、カイロプラクターから"決めつけられるため"に来ている。



それでもカイロプラクティックケアによって快適な状態を経験していくと、

『信頼すべき真実は自分の内側に在る』と気づくことができると思っている。



そのアイディアを自分のものにできた時、

BJの云う"THE BIG IDEA"を掴んだという事なのかもしれない。


No comments:

Post a Comment