Pages

Saturday, January 20, 2018

ご自分のスペック(身の丈)



この画像、見たことがあると思いますが、昔のパソコンでいう砂時計のようなものです。

『読み込みに時間がかかっています、少々お待ち下さい』という意味で使われていますが、

これが表示されてる時はとにかく時間がかかります。


処理速度はパソコンの性能と、情報量の多さによって変わってきますが、

人の体も一緒です。


なぜそれぞれ体の変化が起きる時間に差があるかというと、

その人の物質である肉体(スペック)と、情報量の多さによって個体差があるからなんです。



「あの人は〇〇ができて、自分にはできない」

逆も然りで、

個体差や個人の能力の差というのは以上の二つの要因が主に関わっていてます。

だから、他人と比べて違いがあるのは当然なんです。




スローダウン(情報伝達、処理の減速)の要因は、あともう一つだけあります。

それが「脊椎サブラクセーション状態」です。

パソコンで言えば、メモリにゴミが散らかって処理速度が遅い状況と喩えられます。

机で言えば、机の上に物を置きすぎて作業スペースが狭くなり、作業効率が落ちる状態です。



いくらメモリを掃除しても、または机の上を片付けても、

メモリのスペックや机の広さにはそもそもの限界があります。


だからこそご自分のスペック、ご自分のできる範囲をしっかりと自覚しなければ、

無茶をして最終的に体を壊してしまいます。



個人的には、

カイロプラクティックの検査を受ける意義はご自分のスペック(身の丈)を確認する所にあります。

そうすれば、自分に最適なストレス(情報)の質と量をコントロールでき、

その積み重ねで人生の質を良くしていくことができるのは言うまでもありませんね。

No comments:

Post a Comment