Pages

Thursday, July 26, 2018

かける想い

先日、ストレートカイロプラクター志望の治療家がオフィスを訪れました。

彼とは数年の付き合いになりますが、

折り入った話をするのは約2年ぶりだったので時間を作って向き合いました。



彼としては色々聞きたいことや方法論を盗みたいと思って来たのでしょう。

しかし話の節々で私が大切にしているものを同じ様に“大切にする想い”を感じることができず、

検査もせずに話だけで帰ってもらいました。



別に他のカイロプラクターを否定する気も全くありません。

ただ単に同じ景色を見たいと望む人にはそれに“かける想い”をこちらが感じ取れないと、

共有したいという気持ちは自然と内側から沸き起こって来ないものです。



やはり、どれだけそれに“かける想い”があるかどうかは行動に現れます。


私の従姉妹で無類のB’zファンのお姉ちゃんがいますが、

自制をしていながらも「そこまでするか!」と思わせるB’zにかける想いを、

行動を通して感じ取ることができます。



「自分が価値があると思ったものをどれだけ大切にするか」

先日のTIC道セミナーでの三宅誠先生のお言葉ですが、

さすが三宅先生の生き様と言葉が一体となった、真を突いたひと言です。



私のカイロプラクティックに“かける想い”は他人に強要することはしません。

同じところを目指し、同じくらい“かける想い”がある人には、

気付いたら勝手に持ち得るすべてのことを共有してます。



No comments:

Post a Comment