Pages

Friday, November 30, 2018

時間の最適化=質が変わる

カイロプラクティックを受けて、どのような未来をイメージできますか?

「受けたらどういう効果があるの?」

と聞かれた時がいまだに一番困ります…(笑)


なぜ困るかというと、

出てくる結果が多岐に渡り過ぎて一概に言えないからです。

ただ確実に言えることは、

脳と全身の情報交換速度が最適化するだけ

ということです。


会話で例えてみましょう。

周りがうるさいところで会話をする時を思い浮かべてください。

「この間さ、……を見て……でさ、まじびびったんだよね」

「…」がうるさくて聞こえなかったとしましょう。

話しかけられた側は一体何があったのかよくわかりません。

ただ得られた情報は、

「この人が何か、誰かを見て何か起こって、とにかくびびったんだな」と。



あまりにも話の内容がよくわからないので、

「ん?何があったって?」

と聞き返します。



これでお分かりだと思います。

そうです、AさんからBさんへの情報伝達が周りの音に干渉されて、時間がかかってしまうのです。




もう一つ例を出しましょう。

あなたが郵便配達員だとします。

猛烈な北風が吹いてる時に100通のハガキを配達する仕事が与えられたら、

風が吹いていない時に比べてバイクのスピードが出せません。

風という干渉によって、同じ100通を配達する仕事が与えられた時に、

仕事を終える時間が長くなってしまうのは簡単にイメージできます。




以上の二つの例でもわかるように、

何かしらの干渉があることによって時間がかかります。

そして、その結果得られる『質』が大きく変わってきます。

それが人体において「脊椎サブラクセーション」という状態です。

脳と全身の情報交換を行う脊髄神経上に起こる干渉で、

「何か踏みましたよ」

というインプットに対して

「足が怪我しないように体重をかけないようにしてください」

と返事をするという一連の情報交換に時間がかかることになってしまいます。



長くなりましたが、

カイロプラクティックを受けることでただ確実に言えることは、

脳と全身の情報交換速度が最適化するだけ

ということです。

それによって、多岐にわたる人生の質の変化が見込めるのは言うまでもありませんね。


No comments:

Post a Comment