Pages

Thursday, December 6, 2018

知るとわかる、わかると楽しい!

クラシック音楽は私にとって「わからない」ものでした。

それが今や、聴くことが楽しみでその価値を十分に感じます。


ではなぜそのように変化したかというと、その世界を知るようになったからです。



クラシック音楽の世界を少しでも知ると、少しでもわかることが増えます。

少しでもわかることが増えると、楽しくなってきます。

楽しくなってくると、その真価をより感じるようになってきます。




実はこれ、皆さんが小さい頃に経験したことと同じなんです。


テレビ番組で、とある芸能人が発した一言で出演者もテレビを見ている両親も、

一瞬にして笑いに包まれる中、自分はというとその人が何を言っているのかわからずに、

ただただポカンとする時間を過ごすことを余儀なくされる。

または、

“感動的シーン”らしいものが放映されて大人が人目を憚らず涙する中、

自分は何がそんなに泣けてくるのかがわからず、何が良くてこんなの見てるのかわからない。


海外に移り住んだ人にとってもこういった体験は縁遠くはないでしょう。

なぜ皆が笑ってるのかわからない、何を言っているのかわからない、何が面白いのかわからない…



それらは全て、『知らない』ことの副産物です。

知らなければ、その面白み、味、深みはわかりません。

わからなければ、価値を感じろと言われても無理な話です。



つまり何事も、知ればもっともっと楽しめることが増えるということです。


だからこそ、

ほんの一言でも笑いが起き、人を感動させ、その瞬間が、そして人生が彩りを増すのだと思います。



カイロプラクティックの真の価値は、知らない人にわかり得ません。

私を通して一人でもその奥深さと面白味がわかり、価値を感じて下さる方が増えることを願い、

日々表現していきたいと思います。


カイロプラクティックを通して今まで知らなかった世界を見てみたい方は、

その扉を開けてみてはいかがでしょう? 

鍵はあなたの手の中にあります。



No comments:

Post a Comment