Pages

Thursday, October 31, 2019

これなら!

初めてカイロプラクティックケアを受けたのは10代はじめの頃。

今思えばそれはマッサージでしたが、人の体に携わる仕事に魅力を感じて

「カイロプラクターになりたい!」

という思いを強く持つようになり、

14歳の時に初めて学位を持った先生のケアを受けた時の喜びは未だ忘れません。



『これなら、本当の意味で健康になれる!』


神経を邪魔する背骨を施術することで健康になるというコンセプトが、

それまで症状を対象にしていた“治療”とは一線を画しているのは中学生の私でもはっきりわかりました。


そこから国際基準の学位が取得できると謳う大学に入り、

東大を始め名だたる名門校の先生達の下、人体について取り憑かれたように勉強に励んでいました。

「医師と同じレベルに立つんだ」と意気込んで勉強していた学生時代、

ふと、「これなら医者になった方が早い」と思い、

“医師と同等のカイロプラクター”という中途半端な肩書きのために勉強していることの

無意味さに気づいてしまいました。


「カイロプラクターになるにはカイロプラクティックの勉強をしなきゃ意味がない」


そう思い、学校の勉強と並行して片っ端からカイロプラクティックの勉強をはじめました。

そこで Sherman College of Straight Chiropractic卒の嶋田慶三郎 D.C. と出会い、

人生で二度目の

『これが本物だ。これなら本当の意味で健康になれる!』 

と14歳の頃に受けた衝撃と同じような衝撃が7年越しに訪れた事を、

昨日のことのように覚えています。




そして独立して7年目を迎えている今日、

当初の考えから理解を深め、多少の言葉の違いはありますが、

『これなら本当の意味で体が変わる、人生が変わる』

と、確信を持って人様に提供できると改めて思っています。




私たちカイロプラクターの専門は [脊椎サブラクセーション]。

過酷な環境から自身を守るために発動する自己防御反応であり、

脳と全身間の情報量を制限する= “ごまかす” 事でその場をやり過ごすものが

長期に及ぶと心身のどこかに無理が生じるために、

それを取り除く一助としてカイロプラクターの存在意義があります。



簡潔に言うと、

 『ごまかさない体』をつくるためにカイロプラクターが存在します。


決してごまかすことを批判しているのではありませんが、

結局ごまかし続けると困るのは自分。

もうこれ以上、ごまかす事に限界を感じている人に一つの選択肢としての提案です。



『これなら、本当の意味で体が変わる、人生が変わる』


No comments:

Post a Comment