Pages

Tuesday, April 14, 2020

心からのお願いです

カイロプラクティックはWHOが認める補完代替医療として世界に広まっていますが、
日本では法的な立場が確保されていません。

つまり日本では医療ではありません。

いくら海外で勉強してきても、日本での医療資格と医師の指導がなければ医療行為はできません。



私は元々は医療だと思ってカイロプラクティックを勉強し始めましたが、深く深く追求していくと本質的にカイロプラクティックは医療ではないという結論が最も納得がいくものでした。

そうは言ってもそんな考えは極めて少数派です。

日本の、そして世界のカイロプラクターの9割9分は医療としてカイロプラクティックを捉え、提供しているのが現状だと思います。




昨今、新型ウイルスの感染症で騒がれてますが、“カイロプラクティックが免疫機能を向上させるからカイロプラクティックを受けましょう!”というキャンペーンを行なっているカイロプラクターも見られます。



でも、どうしてもここは日本です。



いくら海外で膨大な医学知識を勉強しても、いくら海外のデータを引っ張ってきても、ここは日本であり、データを取った時代も環境も大きく違えば有用とは言えません。

ましてや緊急事態宣言も出て自粛要請が出ており、且つ情報が入り乱れている最中に、「カイロプラクティックを受けたら良い事があるキャンペーン」は、タイミングを誤っていて利用者の方の安全、そして倫理的に今ではないカイロプラクティックのポジティブキャンペーンが逆にネガティブに働き、カイロプラクティックを提供する機会すら国に禁止されないかという危惧を抱かずにはいられません。然るべき医療を受ける機会を奪うことは許されることではありませんし、今のポジティブキャンペーンは医師会に突っ込まれればこの業界は終わりです。



いくら正しくても、真実でも、今やるべきことは倫理的行動です。



生活が厳しいのは重々わかります。それは私も身をもって痛感してます。

でも、カイロプラクターは今、自身の正当性を主張するべき時ではないです。




自身の正当性を主張するならば、

まずこの社会的な困難を乗り越えた後、カイロプラクターがちゃんと自分たちでデータを取り、社会的に有用な職業であることを自分たちの手で証明する準備が必要ではないでしょうか?

いつまで昔のアメリカのデータに頼って正当性を主張しているのでしょうか。



今やるべきことは、カイロプラクティックのポジティブキャンペーンではありません。

倫理的行動です。

つらい状況ですが、なんとか乗り越えましょう。ひとりの力ではなんともなりませんが、ホモ・サピエンスが会得した団結力で、社会の機能が以前のように回復することを最優先にやれることをやっていきませんか?



足の引っ張り合いではなく、協力がなければ大きな波は乗り越えられません。

私も誰かの足を引っ張りたいわけではありません。

この状況でのカイロプラクティックポジティブキャンペーンは適切ではなく、カイロプラクティックを行う権利を確保して多くの人生に貢献するためにも、今は倫理的行動をとってこれからちゃんとデータを取って権利を確保しましょう。

是非、皆様の御協力をお願い致します。

No comments:

Post a Comment